あの時気づいたのに~! また昔の自分に戻ってしまう

ここをクリックして記事を読む / 隠す

私にとっての人生最大の気づきは

何度も書いておりますが

 

2007年に生死の淵から生還した際に

 

突然降ってきた「気づき」です。

 

 

その気づきのおかげで

 

それまで28年間

 

本当の意味にいのちを生きていなかった、

 

生きていくとは

 

本当はとてもシンプルで

 

今ここ目の前に心を開き、

 

本心本音で正直に

 

自分自身でいられれば

 

それでOKだったんだ、

 

そうやって「今」「今」「今」を生きていくと

 

やがてそれが自然と「自分を生きる」

 

ということになっていく。

 

そしてそれは「人生思い通り」、

 

エゴにまみれた自己中心的な欲求ではなく、

 

いのちの深いところからくる

 

本当の欲求、宇宙意識が求めている流れに

 

自然に乗って

 

宇宙意識の望むもの=自分の望むもの

 

そしてそれが他社への貢献にもなって

 

流れに乗るように

 

生きていけるんだという気づきでした。

 

 

しかし、そのような気づきの状態で

 

長くいられるわけではなく、

 

退院後は「現実」を突き付けられましたし、

 

数年間は自身の喪失や悲嘆に向き合うこととなり

 

苦しい日々を過ごしておりました。

 

 

また28年間習慣にしてきた生き方は

 

それ以降も通用するものなのだというビリーフが

(ビリーフ:無意識レベルで持っている信念。)

 

無意識レベルで浸透していましたので、

 

死に直面して大きな気づきがあり、

 

確かに心の中も「変容」していたとはいえ、

 

その習慣を変えるには長い長い年月がかかったわけです。

 

いえ、正確にはまだその習慣を変えようと

 

行動している途中です。

 

大きな気づきがあったからといって

 

すぐさま人生の何もかもが変わるわけではないのです。

 

その気づきを「定着」させることが大事なのですね。

 

大きな気づきを得てもなお

 

無意識レベルで

 

浸透していたビリーフ、

 

本当の自分で生きていくことを

 

妨げるビリーフとは

 

どんなものがあったのか

 

今思いつくものをあげてみます。

 

 

「ビリーフ」とも言いますし、この場合は「妨げ」なので

「ブロック」とも言いますね。

 

・自分は好きなように自由にしてはいけない

 

・誰も自分のことに興味・関心がない

 

・他人の関心を得るために勉強などで「努力」してしまう

 

・やりたいからではなく「怒られないため」に行動する

 

・自分の本心ではなく、他人の機嫌を大事にしてしまう

 

・本心に従うと大変な目にあう

 

・他人に迷惑をかけたり嫌われるのではないかと、

 やりたいことを我慢する

 

・本当に好きなことではお金を稼げない

 

・自分の本当に欲しいものは手に入らない

 

・自分の欲しいものを他人がすでに持っていて嫉妬する

 

・本当は私のほうが優秀なのに別の人のほうが評価されていて不満

 

・活躍している誰かほかの人に「花を持たせ」自分は我慢する

 

・自分を表現してはいけない気がする

 

・いつも「日陰の存在」で努力が報われない

 

・あの人は自由にやっているのに

どうして自分はやってはいけないのか

 

出てくる出てくる。

 

私がかつて抱いていた、またいくつかは

 

今も抱いているかもしれないビリーフです。

 

これらのビリーフ、ブロックを

 

「単なる間違った思い込み」だよと

 

心の深いレベルで納得し、

 

癒しが起こると

 

現実世界も変わってきます。

 

もちろん簡単なことではありません。

 

私自身、死に直面してやっと

 

心に変容が起こりましたが、

 

それを現実生活に生かしていく、

 

生きたものとして身に着けていくには

 

長い時間がかかります。

 

それまで「当たり前」

 

に行ってきたことでも

 

「もう続けることができない」

 

「これ以上頑張るのは無理」

 

という時期が来ます。

 

その時に思い切って

 

それを「捨てる」。

 

大変革のように感じます。

 

当然、その後どうなるのかわからない

 

という恐怖があります。

 

しかし私はその恐怖に飛び込みます。

 

長年の探求から、

 

そこに本当の人生があるということが

 

たましいレベルでわかったから

 

そこに自由があるということがわかったからです。

 

今以上に苦労もあるかもしれませんが、

 

最も大切なのは

 

私が私の人生を生き生きと

 

生きているという実感。

 

そして、今まで私に関わった人からいただいた愛、

 

亡くなった子や苦難の中亡くなった先祖の生きた証、

 

今でも私の中に「存在」していて

 

「生きている想い」を

 

今度は他者へ与える行為を通して、

 

他者がありのままで

 

その人らしく生きる、

 

制限を外して好きなように生きられる

 

サポートをしたい、

 

それが私のやりたいことです。

 

まずは自分がある程度自由にならないとね。

 

徐々に徐々にでもいいので、

 

繰り返すことで

 

潜在意識に浸み込んで

 

現実に反映されるでしょう。

 

&

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

ランキング応援していただけると嬉しいです。

 

コメントを残す