人間は悟る前に「死ぬ」

この記事も自分用メモ。削除する予定。

人生自体が修行になっている。

「悟り」、自分が仏さまだったことに気が付くこと。

自分自身が宇宙。宇宙が自分の中にあり、自分が宇宙の中にある。

この状態に行く前には「自我の死」を経験する。明渡しともいう。

生きていながらにして悟る場合もある。

「死」肉体の死という現象も、その後悟りに到達するステップと考えることができる。

自我の「思い込み」「ビリーフ」を手放していくと、ありのままの自分に戻る。

宗教的修行はまさにそれ。

人間の人生もそうなっていて、「死」にいく段階で自然と「人生の回想」をするようになっているのでは。

そうやって内面を「浄化」していく。ほとんどの人はそういう自覚なしに自然に行っている。

スピリチュアルケア、傾聴、聴き書きはそのプロセスに寄り添う営み。