活動実績

グリーフケア、スピリチュアルケアの活動実績


◇講演・体験発表

2012年 赤ちゃんこどもの死を考えるセミナー 分かち合いにて体験談を発表

2013年 赤ちゃんこどもの死を考えるセミナー 講演

2016年 上智大学グリーフケア研究所 対人援助論「死産・流産の悲嘆とその支援」 非常勤講師

2018年 上智大学グリーフケア研究所 グリーフケア援助論 「死産・流産の悲嘆とその支援」非常勤講師

2016年~ 半年に一度ほど宝塚大学にて坂下裕子先生主催の周産期グリーフケアの分かち合い「小さなつぼみ」に参加。ケア提供差と当事者の立場から学びを深めている

 

◇ケア提供者として話を聴かせていただく活動(ボランティア活動)

2014年~ 遺族会はすの会 ファシリテーター

2014年~ 天使ママ・天使パパの会in関西 個別面談、ファシリテーター

2015年~ NPO法人虐待問題研究所 トラウマケアワーク(グループカウンセリング)のファシリテーター

上記のように、2014年からケア提供者として個別面談、グループでの面談実績があります。

 

◇講座

2016年~ NPO法人虐待問題研究所にて「グリーフケア」の講座を開講

2016年~ 遺族会はすの会にて ファシリテーター養成講座にも関わっている

 

◇その他ボランティア

2007年から4年間 ワールドヴィジョンにて里親ボランティア
(こちら→1日あたり150円の支援で途上国の子供たちに希望を

2007年~2009年 幼稚園PTA副会長、会長

2011年 ちくちくの会 自宅にて小さく生まれて亡くなる赤ちゃんのためのベビー服作りのボランティア

他、小学校PTAにて広報委員長

 

◇自身の学び

2012年から2年間 上智大学グリーフケア研究所にてグリーフケア、スピリチュアルケアを学ぶ

2016年 NPO法人虐待問題研究所にて虐待防止サポーター資格

2015年~ 臨床スピリチュアルケア協会(PASCH)にて一週間の病院研修(pscc)他受講

現在臨床スピリチュアケア協会のスピリチュアルケア専門職養成課程(cscc)に所属

一週間の病院研修(pscc)は2018年3月までに3回受講しています。

このほか瞑想のワークショップなどにも複数回参加

 

※上智大学グリーフケア研究所、臨床スピリチュアルケア協会は米のCPE(Clinical Pastoral Education)に準拠した教育を提供しています。

CPEとは臨床牧会教育のことで、チャプレンを養成する教育です。チャプレンとは、病院をはじめとするターミナルの現場や遺族のケア、刑務所や軍隊、消防、学校、大リーグなどで活動する布教を目的としない宗教者です。

人生の苦悩に向き合う人々を対話や祈りを通して支えています。チャプレンになるためには宗教はとわれませんが、神学校などを出ていて宗教的なバックグラウンドがあることが条件になります。その基盤があってさらに1600時間の研修が求められており、チャプレンの指導者になるにはさらなる研鑽が必要です。