あなたを支える存在は必ずいる

遺族会でスタッフとして話を聴かせていただいています。

参加者のことをここで書くことはできませんが、ケア提供者としてどんな言葉をかけたらいいのかいつも悩みます。

自分で考えた言葉はその場にそぐわないこともあります。

ただそこにいさせてもらう、ということしかできません。

 

私は分かち合いの会が始まる前に、遺族の方たちにとって少しでも安らぐことのできる時間になるようにと一人で仏様に助けをお願いしています。(日々の瞑想の際にも仏様にお祈りしてからするようにしています。)

 

 

いつになったらこの苦しみが癒えるのか、らくになるのかと多くの方は思います。

 

死別の悲しみはあまりに深く、解決策がありません。

 

それだけあなたにとって愛した人、大切な人が亡くなったのです。

人生で最も辛い日々を送ってらっしゃるかもしれません。

しかし、一つ言えるのはそんな時でもあなたを支える存在は必ずいるということです。

 

それが誰なのかはわかりませんが、必ず近くにいます。

 

家族や友人かもしれませんし、ひょっとすると本に書かれてある言葉や歌のメッセージかもしれません。

どのような形で、どのような関りになるのかは人によって異なりますが、

人間一人ひとりに、神様、仏様、あるいは宇宙の愛・慈悲が絶えず注がれています。

 

はっきりと明確にそれが感じられれば苦労はしませんが、

思わぬところでそういった存在の働きかけ、助けを感じることがあります。

感性を研ぎ澄ませるとより感じるようになります。

 

辛い時こそ、神も仏もあるもんか、いたらどうしてこんなことが起こるんだと怒りにかられることもあります。

そのような気持ちも、感じるままありのまま、話せる人に話したらいい。

人間の世界で「不幸」だと見なされることが、神様、仏様の次元では見方が異なるようです。

人間の目では真実についてはほとんど何もわからないということでしょう。

しかし、その真実の世界は「平安」そのもの。

 

 

その時は感じられないかもしれませんが、人生どん底の時にこそ支えとなってくれる人と出会ったり、自分を支えてくれるものとの出会いがあります

 

信じられないかもしれませんが、私の場合も月日が経って振り返ってみると本当にそうだったんだと気づきました。

複数の出来事がそうであったと思います。

これは誰にでも当てはまることです。

 

辛いさなかで見つけるのは難しいかもしれませんがそうなっています。

私も自分の生命が危うくなった際、普段の意識レベルとは異なる意識を体験し、神様や仏様といった次元の存在を確かに感じました。

 

そこで感じたのは「人生に不幸はない」ということ。通常の意識に戻れば、やはり辛い苦しいと感じてはしまいましたが、そのような「絶対大丈夫」「真実の次元」があるのだと実感しました。

 

亡くなった人は一足早く、そのような存在との出会いを体験して幸せで平安なところにいるでしょう。

 

上智大学グリーフケア研究所で高木慶子先生も胸を熱くしてこのことを語っていらっしゃいます。
上智の考えがもともと「神ありき」なので、キリスト教、仏教、神道ほか宗教に限らずそのような存在がいて、人間をいつも支えていると。

「人間」として生きている時はそれが感じられないかもしれない。

しかし人間レベルでは考えられないような想像できないような大きな大きな存在によっていつも愛され、守られています。

どんなに辛く、苦しく、みじめだったとしても、そのような存在に一人残らずちゃんと愛されています。

どんなことが起こっても、真実の世界では「大丈夫」なのです。

 

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村