スピリチュアルケア研修pscc受ける直前~受けた後の心境の変化など

pscc。スピリチュアルケア。研修。気づき。癒し。

2019年3月4日。pscc32最終日からから9日目。

なんだか最近自分のことをいっぱい書いちゃってるなあと思いつつ・・・。

研修後9日経って、だいぶ地に足がついてきた感覚ですが、今回は自分がさらに開けた感覚のため、

いつもよりハイペースでブログ記事作成しています。

そして今回のこの記事はかなり赤裸々に書いています。なので削除するかもしれません。

急に来ました。「ぶち込み現象」です。

今日は一日素敵な日だったので嬉しいなと思っていたら来ました。

これも「自分とちゃんと向き合いなさいよ」という天の声でしょうか。

 

まずはpscc受ける前に書いた私の心境についての記事。

pscc大体1か月前から1か月後くらいは色々と表出します。

>>>>掃除・片付け⑥ 捨てると空いたスペースに入ってくる!?「感情浄化体験のぶち込み現象」

この記事も赤裸々ですねえ・・・・。

 

>>>>龍輝学園にてオーラ・チャクラ調整を受けてきました

上記の2記事はpscc1か月前の心境などです。

pscc受けたら色々変わるのです。

それが癒しのこともあれば、試練のこともあります。

夫との関係が揺らいでいます。急にです。(ちなみに毎日夫と子ども、お互いの親の健康と無事をお祈りしています。)

しばらくはおさまっていましたが、昨日の電話、今日と急に色々と。

いや、急ではないのかもしれません。

数日前まではラブラブというか普通に仲良かったです。

しらふの時は理解があり、優しい夫ですが酒が入るとモラハラ夫になることがあります。

私は土日にグリーフケアの活動が入ることが多く、そのことに対しても言ってきます。

私も家族の時間をもっと取ろうと

回数を減らすなどをし、以前ほど土日に出かけることはないのですが、

それでも夫にとったら不満なようです。

 

参加者のニーズを考えるとどうしても日曜日をゼロにはできないのです。

他、パソコン作業も多く、家でパソコンを触っているとその時は何も言わないですが

お酒を飲むとそのことも注意される。

とにかく、私の悪いところを見つけて責め、

子どもたちの悪いところ(と夫は思っている)は私の育て方のせいにする。

以前からこのような傾向があり、2007年の私の入院がきっかけで

ずいぶんと改善はされました。

しかしまたここ2年くらいでしょうか、取りつかれたように昼間と人が変わることがある。

本人は正しいことを言っているつもりが、

人を責めたい、人のせいにしたい、という心理がありありと伝わってきます。

子どもたちが野生児のように、規律が無くなってしまった点は

私もこれからちゃんとやっていかないといけないと思っていますが、

愛情深く育てたので、本質的なことは心配しておりません。

生活をもっと丁寧に、シャワーや電気の使い過ぎに注意し、

帰宅時間をちゃんと守るなど、もうちょっと気を付けてくれればと思っている程度です。

ちょっと自由にさせすぎたという反省は確かに私の中にもあります。

しかし、それを改善させようとするためにどうして人格を傷つけて

ねじ伏せてまで直させることに何の意味があるのでしょうか。

言っていることは正しく、内容は本当にその通りなのですが、

その正しさを押し通したいがために

私たちの人格を否定するという形になっているのです。

人格を否定せずに伝えてくれれば何の問題もないのです。

私も以前は「自分が悪いのではないか」と思ってしまう傾向がありましたが

「いや、違う」と思えるようになってきました。

いくら改善しても、別の部分でさらに問題を見つけてそこをまた攻撃してくるので

これは彼の問題であると思いました。

私へのモラハラはずいぶん長い間おさまっていましたが、

下の子にそれが行っているのではないかと、

2年ほど前からうすうすそう感じるようになりました。

今までちゃんと向き合ってこなかった部分もあり、

我慢してきた私の問題でもあります。

今夫は出張中で、さっき電話口で言い合いになりました。

上記に書いたようなことを電話で伝え

さらにメールでも伝えました。

飲んでいるので私の言うことなど耳に入っていないでしょう。

ここまで不満に思っているのであれば

家にいる間いくらでも向き合う時間が彼にはあったはずです。

ずっとテレビばかり見ているので。

それをお酒を飲んだ拍子に

本当に言いたいことを捻じ曲げたような感じで持ってこられるのでたまりません。

私は今日はお酒は飲んでいないので冷静です。

いつも私の方が結局は折れてしまっていてなあなあになっていたので

ここは自分を主張する踏ん張り時だと思いブログ記事に書いてしまいました。

これはもう夫ととことん向き合って話すしかないと思います。

夫は夫なりに痛みを抱えているのでしょう。

わかってほしい、存在を認めて欲しい。

夫への愛情が伝わり切れていなかったのだとも思います。

向き合ってできる限りのことをしますが、

どうなるかという結果をコントロールすることはできず、

ただ、夫に対して愛ある行動を取るのみです。

結局向き合うべきは自分自身なのです。

自分から逃げない態度が必要なのです。