事業主のための支援について 経済産業省HPへのリンク
こちらをクリック→「新型コロナウイルス感染症関連 経済産業省の支援策」

カウンセリングルームのパンフレット 文章がほぼ完成

ネットだけで集客するにはHPが検索上位に入らないと見つけてもらえないためなかなか難しいため、アナログな方法も使って集客をしようと今パンフレットを作成中です。

実は1か月以上かかっているのですが、対象となる方に向けて、その人がより自分らしく生きられるサポートができるよう、必要な方に届けばと思いながら書いています。

大まかですが文章がほぼ完成しました。8~9ページになりそうです。

表紙の絵は既に描き上げていますが、別のイラストにしようかという案も今浮かび上がってきています。

目で見ても「かわいい」「きれい」と思ってもらえるようなものにしようかと。

素敵な絵を見るとそれだけで心が癒されますからね。

描いてみたらちょっといまいちになってしまったのですが、もうコピーしてしまったのでその分は使い切ります。

 

絵、コピー、紙を閉じる作業が大変ですが今週・来週その作業を頑張ります。

そしてポスティングも自力でやる予定です。

昔ECCジュニアの教室をやっていたので、そのころの経験が今生かされています。

当時教えられたのばチラシ400枚につき1件の問い合わせがあるという確率。

しかし今回はコピーライティングの本を買ってそれを参考にしながら1か月かけて作ったのでもっと効率は上がるでしょう。

1枚のチラシではなく数ページに及ぶパンフレットですからね。

自分で配るのでどのような家に配ったらいいかある程度検討もつきます。

個人セッションは基本女性を対象にしています。講座やグループワークは誰でもOKです。

 

新聞広告に入れて配達してもらうという方法もありますが、対象としていない家にも配られてしまうので効率が悪いのです・・・・。自分で配る手間が省けますがお金かけて数千枚配っても問い合わせがほとんどないということもあるのです。

ECCジュニア時代、集客でかかるお金もある一定までは会社が出してくれたのですが、自腹を切らずには集客活動ができませんでした。

小学校の下校時間にステッカーとチラシのセットを配ったり、子どもの居そうな家にポスティングしたり、自分では限界があるので新聞広告に入れてもらったり。

活動した割には人が集まりませんでした。

チラシ400枚につき反応が1件というのが一般的は確立。

今回の反応率はどうなるのかドキドキです。

セッションは受けないという人でもこのブログの記事は結構役に立つこと書いている(と私は思う)ので、書いてあることを参考に自分の心と向き合う時間を取り、気づきが促されればとても嬉しいことです。

瞑想も生育歴を書くことも、自身の心に向き合う一つの方法です。

カウンセリングに行く余裕はないけど、人生良くしたいという方は一人でもできる方法をぜひお試しください。

今どんな気持ちなのか、感性の声を聴くことが、心の奥に入っていく最初の一歩です。

 

今回も単なる日記になってしまいました。

 

事業主のための支援について 経済産業省HPへのリンク こちらをクリック→「新型コロナウイルス感染症関連 経済産業省の支援策」

コメントを残す