癒しが起きる時

癒しが起こる時

癒しとは?過去の満たされない思いや苦悩の解放。幸福や平安で満たされること

過去の辛い感情が癒される時、自分で自分の本心を受け止めている

苦しかった出来事やあまりに大きな喪失・悲嘆感情は

多くの場合何度も何度も繰り返し自分の心と向き合い

少しずつ少しずつ、自分なりの答えを見つけていく作業になります。

前進するときもあれば、後退して余計に辛く苦しい状況になることもしばしばです。

一人でその試練に向き合うこともあれば

家族や友人、あるいは専門家のサポートを借りることもあるでしょう。

自分の思いに一生懸命耳を傾けてくれる人の存在によって

心のうちを受け止められる、

いろいろな感情を抱くありのままの自分を受け止められる体験をする方も多いでしょう。

他者から受け止めてもらうことで

自分で自分を受け止めることができるようになっていきます。

他者から受け止めてもらって、それでいいんだと心から納得ができる状態というのは

実はもう自分で自分を受け止めることのできる段階まで来たということでもあります。

癒しが起こるのは自分で受け止めた時です。

忘れていた「愛」「恵み」「幸せ」にあらためて気が付いたとき

普段は忙しくしていると家族や友人の存在のありがたさを

実感として感じることが希薄になってきます。

大切な人との出会いや赤ちゃんを妊娠した時の喜び、

幼少期の家族との思い出など

例えば当時聴いていた歌だったり、一緒に見ていたテレビ番組などがきっかけとなり

意識の奥にあった記憶がありありとよみがえってきて

涙が流れることがあります。

普段は意識することが少ないかもしれないけれど

いかに家族のことが大切で愛おしい存在なのか、

思っていた以上に心が打ち震え自分でもびっくりすることがあります。

このような時も大きな癒しが起こっているのだと思います。

慈愛と優しさに満ちた人からのエネルギー・波動

過去の出来事を思い出し、「ああ、私はこんなに辛かったんだ」と気づきが起こった時、

また元々持っているというかいただいている恵みへの愛や感謝の念が沸き起こった時。

私の場合ですがグリーフケア、スピリチュアルケアの学びを通して

自身を掘り下げるプロセスでも体験しますが、

それ以外では「すごい人のエネルギーに触れた時」も同じような癒し現象が起こったことがあります。

エゴが浄化され、たましいの次元を生きている人の波動・エネルギーの影響は

他者の心の奥を揺さぶり、浄化や癒しをもたらすといった効果があるのだと思います。

今まで「効果」として実感したのは2回あります。

いずれも別々の人ですが、その人たちの話の内容に関することではなく

私自身の個人的な気づきが

帰宅後にもたらされたのでした。

その時は自分の内面を見つめようなどと思っておらず、

普通に家事をして自分の用事を済ませといった具合に

過ごしていたのですが

自動的に個人的な心の浄化が始まってしまいました。

内面を見つめる時というのは

普通は「この問題についてちょっと掘り下げてみよう」などと

まずは意識をして書くなり、セッションを受けるなり、

グループワークの課題として用意したりということをするのですが、

そういった「意識を向ける」というステップなしに

勝手にたましいの浄化がが始まったのです。

このような現象に気が付いたということが2回あるということなのですが、

もしかするとそれまでにも知らないうちに経験していたのかもしれません。

癒しや気づきが起こる時というのは

心の深い部分が揺さぶられた時です。

そこへの揺さぶりを可能とするような「エネルギー」「波動」によって

「共振現象」みたいなことが起こっているのでしょう。

カウンセリングやセラピーなどでも同じことが起こっているのだと思いますが、

ヒーラーだったり聖人だったりが発するエネルギーは

心の内を話さずとも、自然とそれができてしまうものなのだと思います。

他にも「音」「自然」「マッサージ」「タッチング」「カラーセラピー」など

あらゆるものが癒しをもたらすのだと思います。

神社仏閣だったり、パワースポットと呼ばれる土地もそうですね。

人によって感受性が違うので自分に合った癒しが見つかればいいですね。

 

コメントを残す