赤ちゃんへの思い。12年経って。

亡くなった赤ちゃんへ

あなたがママのおなかにきたのは2006年の秋。

お別れしたのが2007年の1月。

あれから12年以上が経ちました。

ママは変わったかな?

だいぶ変わったよね。

変わったというより、無理しなくなったし、元の自分に戻ったんだろうね。

今でもあなたのことを思うと涙が出てきます。

お別れする前の最後の一週間、一生懸命足でおなかを蹴ってくれたよね。

あなたが生きているということを感じられて嬉しかったよ。

生まれてくるのを楽しみにしてたよ。

ママは未熟だったけど、未熟なりに一生懸命やってたと今では思える。

まーちゃんもゆうかちゃんも、ついこないだまで赤ちゃんで、バタバタの毎日を送っていた中、あなたが来てくれたんだよね。

パパも若かったね。

あなたのこと、抱っこできなくてごめんね。

姿を見てあげられなくてごめんね。

 

退院して初めてあなたの写真を見て、赤ちゃんのはずなのに老賢者のような雰囲気を感じました。

老成したたましいがやってきたのだとわかりました。

あなたがおなかの中で生きていたのは104日間だったかな。

おなかに来る前から、見えない姿でママたちの元にやってきてたの、後になって気づきました。

あなたの名前を教えてくれていたのですね。

ちゃんとキャッチできました。

おなかの中で生きたのは本当に短い間で、人によってそれは「かわいそう」って思うみたいです。

でもママはかわいそうとは思いません。

ママはあの時に死にそうになって、周りの人が必死の思いで助けてくれました。

あなたもいのちをかけて、ママのたましいを助けてくれました。

「生きていく」ということをあなたは自らのいのちをかけて教えてくれました。

それはあなただからできたこと。

だから「かわいそう」とは全く思いません。

すごい生きざまを見せてくれたと思っています。

人を根底から変えてしまうほどの強い思いを持って、短い人生だとわかりながら、あなたが生きて死ぬことで誰かを本当の意味で「生かす」ということをしたかったのですね。

ママは、写真を見てから、実際にあなたの姿を見て、触れて、だっこしたかったんだということに後から気づきました。

外の世界で「出会わない」という「出会い」でした。

あなたの姿には会っていないという寂しさをママは抱えていると同時に、あなたの存在、いのちにはちゃんと出会うことが出来ました。

あなたは今でも生きている。

いつもあなたの働きかけを感じています。

顔も見たことがない、声も聴いたことがない、何が好きで何が嫌い、どんな性格なのかも知らないのに、どうしてこんなに愛おしいのでしょうか。

そしてどんなに短い間だとしても、一度出会って別れることがどれほど辛いのかということも、身をもって知りました。

同じように辛い思いをしている人はいっぱいいるのだということも知りました。

 

あれから12年。

ママが出会う人たちは、あなたの存在があって、あなたへの思いが今でもあるからこその御縁をいただいた方たちです。

その人たちと触れ合う中で、あなたがちゃんといたのだいうことを感じます。

その人たちの中にあなたの姿を見ることもあります。

あなたは一体どんな子だったのか、どんな男性に育つ予定だったのか、出会う人や出来事の中からあなたの姿を探しているのかもしれません。

この世で生きている姿は仮のもの。

でもその仮の姿は今だけのもの。有限。

この世で生きるということ、今のわたしの姿で生きているということ、この人やあの人の姿も今だけのもの。

それがいかに尊いことか。

やがて死んでしまう日が来る。

伝えたい思いがあるなら、ちゃんと伝えようということもあなたは教えてくれました。

ママはそれまで人に感謝していてもちゃんと伝えてこなかったけど、お世話になった人たちに感謝の手紙を書いたりということもちゃんとできるようになりました。

大変な状況にある人にちゃんと声をかけることもできるようになりました。

死ぬのはママだけじゃなくて相手もいずれ死ぬ存在だということを意識しないとね。

あなたは本当にすごいことを教えてくれたね。

ありがとうね。

あなたのいのち、これからも花を咲かせられるようママは生きていきます。