瞑想の体験② 緑と紫の丹光。

瞑想。丹光。第三の目。ヴィシュッダチャクラ。

2015年12月 寝る前まぶたの裏にモヤモヤした光が見える

2015年という年は夏に一週間の病院研修を受け、スピリチュアルな次元につながる感覚がまた戻ってきた年でした。

※臨床スピリチュアルケア協会(PASCH)の研修。大阪の府中病院にて。

その研修では世界が終わってしまいそうな恐怖を感じ、

それが一体何だったのかについて探求を続けていました。

 

ある12月の日、寝る前目をつぶっているとまぶたの裏に緑色の光のもやもやが。

この時は初めてこんな光を見たと自分では思っていましたが

実は2013年にすでに見ていたようです。

すっかり忘れていましたが別のブログ記事に書いてありました。

 

後日、夏の研修の体験のこともあり、さらなる訓練をしたいと思い、あるヒーリング訓練の一日体験に行った時のこと。

講師の先生の誘導で瞑想しましたが

その際も緑色の光が。

この時は寝る前に見た時よりももっと激しく動いておりました。

先生いわく、「第3の目が開きかけている」と。

※1週間の病院研修の期間は生活にシンクロニシティを感じ、また直感が冴えます。その間は他人のことがわかったりサイキック能力も上がります。

 

その後瞑想の必要性を自分でも感じたので

2016年からはまじめに取り組むようになったのです。

 

瞑想中、呼吸が整うと光(丹光)が見えるように

瞑想中は雑念があるのが当たり前状態ですが、

呼吸がだんだんゆっくりと整ってくると

毎回この光を見るようになりました。

どうやら「丹光」と呼ばれている光のようです。

緑と紫の輪っかが現れては消えの繰り返し。

 

瞑想。丹光。 瞑想。丹光。紫 瞑想。丹光、光の輪。紫。緑

 

特に高次の存在とつながったというより

生理現象の一種、

呼吸が整いリラックスしたサインととらえています。

 

おそらく「気」の流れが視覚野を通して見えるのでしょう。

おそらくエーテル体かアストラル体が活性化しているのだと思います。

この「気」の流れは2018年現在は前よりも感じるようになりました。

 

目を開けていても見える丹光

丹光とやらは目をつぶっている時だけに見えるものなのかと思い、

試しに目を開けて瞑想をしてみたことが数回あります。

同じように丹光が現れました。

白い壁をバックに瞑想をしたのですが

目をつぶっている時に比べて色は薄く感じます。

薄紫とライムグリーンの光の輪っかが見えます。

 

瞑想中の雑念は

このころからあまり強い感情を伴わない

夢を見ているような感じで、

出てきたイメージ同士が何の脈略もないものが多かったです。

雑念に関しては今でもこのような感じであまり変わっていません。
関連記事

瞑想の体験談

瞑想の体験① サブリミナルCDを使った「丹光」体験など

瞑想の体験③ 厳密には瞑想ではないけれど瞼の裏に幾何学模様と数式が見えた

瞑想の体験④ ボブフィックスさんの瞑想CD。幽体、インナーボディの振動

瞑想の効果

瞑想の効果① 内面の変化。自分の感情に敏感になり物事の優先順位がはっきりする

瞑想の効果② インスピレーションや感情の浄化作用がある

 

 

続きます。
↓クリックでの応援ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村