スピリチュアルケア研修pscc4日目 リアルタイム報告

スピリチュアルケア研修。リアルタイム報告。

2019年2月17日から23日まで1週間のスピリチュアルケア研修(pscc)に参加しています。

臨床スピリチュアルケア協会(PASCH)主催の研修です。

ブログ内でも数回取り上げていますが、今回私は4回目の参加です。

※2月17日から20日まではブログを更新できないことを予想し、先週のうちにいくつかの記事の予約投稿を設定していました。

で、この記事だけはリアルタイムに投稿しています。

現在4日目。研修残りあと3日。

今日は朝からへとへと。

グループワークでエネルギーを使い、ガス欠状態だったが途中持ち直し、

ブログを書く余裕まで出てきた。

しかし課題がまだ終わってないから、これからPC作業やらなきゃ状態。

 

初めて会った研修仲間、以前ご一緒して再会した仲間。

まだ4日目ですが濃密な時を過ごしているのでもう1か月くらい一緒にいるような感覚です。

研修仲間とはたましいレベルでつながり合えると感じています。「巡り合えた」ご縁に感謝です。

まだまだ何が起こるかわからないのですが、

現時点で私自身はとてもいい感じです。

ここ1年から2年くらい、軸はあるものの枝葉のところでざわざわと

心の揺れや落ち着きなさなどを感じていいましたが、

ようやく自分の感性がより力強く戻ってきたように思います。

自分を信頼する気持ちと、大いなる存在(仏様でしょうか)を信じ、

行動の指針は恐れではなく「愛」を選ぶこと。

世間のルールや他人の価値観、科学的なデータなど、

一見私たちはそれらが自分の感性よりも正しいと思いがちですが、そうとは限らない、

おかしいと思った場合の自分の感覚を信じて良かったということを体験しています。

自分にとって、他者にとって「愛」「情熱」「自然」であることを選べば大丈夫。

恐れや不安ではなく、自分の中の「愛」は大いなる存在につながっているから。

事柄や事象、内容によって私たちはグラグラと揺れますが、

それらはまやかしのようなものであり、心を惑わす「見せかけ」ともいえる。

見せかけに心が揺れるけれども、自分の中の動機が「愛」か「恐れか」を見極めることができれば

常に最善の選択ができることにつながる。

ということで今のところは自分の安定を取り戻した感覚ですが、

何がわからない、不思議なダイナミクスが起こるのがこの研修です。

今から家の用事をやり、複数の提出物に取り掛かります。

毎日4時半起きの生活でもあります。

あと残り3日間頑張ります。

 

コメントを残す