生きるのがしんどい人へ。瞑想やマインドフルネスの目的 自分軸を取り戻し、主体的に生きていくため

瞑想の効果、目的。自分の人生を生きる。主体性を取り戻す

何か辛いことがあってとてもしんどい。

特に辛いことがあったとは思わないけれど生きるのがしんどい。

毎日仕事に行くのがおっくう。

日曜日になると次の日からまた学校、仕事、と思い気が滅入る。

やる気がわかない。

やりたいことがあってもやるべきことが多くて手が回らない。

最近瞑想やマインドフルネスが効果あるって聞くけど、本当かな。

続けることで人生良くなっていくのだろうか・・・。

瞑想やマインドフルネスの最終目標は「自分の人生を生きる」こと

瞑想、マインドフルネスの効果はいろいろあります。

集中力が高まる

精神的に落ち着く

インスピレーションが得られる

自分の感情に敏感になる

感情に振り回されることが減る

身体や精神状態、気の流れに敏感になる

過去の傷ついた出来事などについて気づきが得られ、浄化される

他人の感情をありのまま感じ取れるようになる

宗教的な次元の真理がわかってくる

 

などなどたくさんの効果があります。

実は瞑想を深めていくと

個人的無意識の領域から集合的無意識の領域にまで

到達することがあり、

色々なネガティブなものを体験することもあります。

「魔境」「スピリチュアルエマージェンシー」といわれるものです。

人によってはしばらく続きますがここではそれに関しては省きます。

 

魔境を体験してもそれに落ちてしまわずに

巻き込まれて変な行動を起こさないようにすることが大切です。

 

さて瞑想やマインドフルネスをする最終的な目的は

「自分の人生を生きる」

「自分軸を取り戻す」

「今ここを生きる」

です。

 

他人の顔色をうかがったり、恐れからの行動をやめる

人生生きづらいと感じている場合

その理由の一つに

「他人軸で生きている」ということが大いにあるかと思います。

 

自分の本心、本音を感じないように、

感じてもそれを無視するように行動してしまう。

結果生きているのがしんどい。

どうして他人軸で生きるようになってしまったのかというと

幼少期からの環境ですが

多くの人は

「このままじゃだめ」

「もっと〇〇ができなきゃだめ」

「こういうところを直しなさい」

 

と親や先生に言われ続けるうちに

自分でも

ありのままの自分ではダメなんだ」

「もっと〇〇のようにならなくては」

感じ続けて

それを続けるうちに

自分の本心を置き去りにし

他人や社会が「良い」としていることをやることが良い、

他人や社会に受け入れられるように

勉強したり働いたりしてきたかと思います。

 

途中まではそのことに関して疑問すら感じず

自分なりに一生懸命やってきたという人も多いでしょう。

 

しかし中には果たしてそれで本当に良かったのか。

自分の本心は本当はもっと違うことを訴えているのではないかと

うすうす感じている方もいるのでは。

 

今まで「自分がやりたいからやっている」と思っていた

勉強や仕事、他あらゆる行動を振り返った時

実は違ったんだということに気づくことがあります。

 

本当は

「他人に受け入れられたくて、やっていた」

「嫌われたくなくて、認めてもらいたくてやっていた」

「怒られないように行動してきた」

「失敗したらどうしよう」

 

行動の裏にある本当の動機を深く見つめてみると

「恐れ」「不安」が元になっていることに気が付きます。

 

自分の本心から「これが好きだからやりたい」という

純粋な動機ではなく

「他者に受け入れられるかという恐れ」や

「失敗したらどうしよう」という自分に対する自信のなさが

元となっています。

 

瞑想したら恐れや不安は「幻想」だと見抜けるように

 

瞑想すると自分の心に対する洞察が深まってきます。

すると「どうも自分の心と起きる出来事はリンクしているな」という

感覚が深まってきます。

 

心の中に執着している感情があると

それが現象化するということも感覚としてわかってきます。

現象化することでその感情は「浄化されたい」「癒されたい」のですが、

場合によっては現象化することによってますます「執着」してしまうこともあります。

 

逆に現象化したことで深く心を見つめるようになり

気づきが得られて現象化の元となった「執着の感情」※カルマともいいます

が浄化されることもあります。

 

「現象化」というのは心を浄化するために現象化するのですが

それを心を見つめる「瞑想」を通してやってしまうことができるのです。

 

100パーセント心の中だけで浄化ができるというのではなく、

ある程度は外の世界に現象化しますが

それでも、瞑想してどのような「執着」を

自分の心は抱えているのかを自覚できるようになると

現象化した時の心構えが全く違ってきます

 

辛いこと、しんどいこと、瞑想したからといって全てが無くなるわけではありません。

現象化はします。

 

しかし以前であればそれに巻き込まれ、

どうしようどうしようと

慌てふためき

感情に任せるまま正しい判断もできずにただ苦悩の中に落ちてしまう

そんな状態だったのが

自己の洞察ができるようになると

しんどい、辛い、どうしていいかわからない

といった感情を感じつつも

どこか冷静に

「ああ、今わたしはこういう感情を感じているな」

「ああ、しんどいんだな」

と感情との距離を置くことができるようになってきます。

 

もちろん泣いたり怒ったりわめいたりはあるでしょうが

それでも以前とは違ってそれを冷静に見つめる心も出来上がってくるのです。

信じられないかもしれませんが、ずいぶんとラクになるのです。

これは意識の次元が「個人的な次元」からちょっと後ろにずれて

その奥の次元、全体意識の次元に近くなるからです。

 

自分にとってネガティブな感情

不安、恐れ、苦悩

などはそれを通して本当の自分、本心へとつながるため

それらがあるからこそ

自分の心の洞察が進み、

気づきや洞察が促され

結果自分の本心に立ち返り自分軸を取り戻すことに役立っています。

 

しかし逆にネガティブな感情にとらわれすぎるあまり巻き込まれてしまい

いつまでたっても自分軸が戻ってこない

自分の人生を生きてる実感がわかない

となってしまう場合もあります。

 

瞑想をすることで自己洞察が進むと

それらの感情は自分の心が抱えているにすぎない「幻想のようなもの」

ととらえることができるようになってきます。

 

恐れからの行動はまさに

幻想に従うようなものです。

 

 

瞑想すると自分軸が戻ってきて自分を大切にできるようになる。「今ここ」で生きられるようになる。

 

今までは他人の声や

恐れや不安といった

自分本来のものではないものに従ってきました

 

しかし自分軸が戻ってくると

自分をもっと大切にしていいんだということに気が付きます。

 

自分の好きなように本心に従って行動したらいい、

そのことが同時に他者貢献にもつながっているということがわかってきます。

 

瞑想することで心が浄化されるので

元々あった純粋、ピュアな思いを引き出すことができます。

 

その純粋、ピュアな思いというのは

実はたましいの奥で宇宙の流れにもつながっています。

神様や仏様といってもいいでしょう。

 

生きてくる中で多くの人はこの宇宙の流れに

逆らったような人間独自の考えに引っ張られ

そのため人生がなかなかうまくいかない。

 

過去のことを引きずったり、

未来のことが不安になったり、

目の前にいる人、場所から早く離れたいと思ったり、

「今ここ」での心がお留守状態。心ここにあらず。

 

心が浄化され元々の純粋な思いにたどり着いたら

その純粋な思いが自分の生きる道なのだとわかり、

また宇宙の流れにも沿っているのでスムーズに進みますし

自然と他者の役に立つようになっている。

目の前の人や出来事に自然と心を開くことができ、自分にも他者にも正直になります。

自分も幸せ、自分の人生を生きていると実感します。

 

瞑想を習慣にするには・・・


瞑想初心者の場合毎日続けるのが難しく感じます。

最初は一日3分でも良いと思います。

瞑想を習慣化するのが難しい場合はサブリミナルメッセージの入ったCDをBGMでかけるだけでもOKです。

まずは聞き流すことを習慣化すると瞑想も続けやすくなります。

 
こちらは私も使っているコマースジャングルのCDです。

心地良い気分になり、よく眠れるのでリラックスしたい人にもおすすめです。

私の場合は呼吸が整い、何もナシでやるよりは強めの丹光が安定して現れます。

「安定した瞑想状態」を求める方、

ヒーラーやカウンセラーの方はセッションの前に聴くと

癒しのエネルギーがクライアントにも作用するのではないかと思います。

聴くだけで瞑想が深くなる、シータ波音楽による誘導瞑想CD2枚組。メッセージがあなたを心の奥へ誘導します。
 

 

ボブフィックスさんのマントラの入ったこちらも使ってます。

こちらは私の場合瞑想状態は雑念がわくこともしばしばです。

しかし終わった後に作用することが多く、

結構パワフルなので浄化がうながされ、

宗教的な啓示やインスピレーションが得られることもあります。

私もそうですが、パワフルゆえにしんどい時もあります。

 

不死のしくみ: 生きることはとてもシンプルで、だれもが完璧! 一瞬で「いまここ」に導く瞑想CD付き (一般書)

 

瞑想に取り組む環境も場所もない場合は

物理的に外の世界に働きかける

断捨離や片付け、掃除も同じような効果があるでしょう。

 

心を見つめ、浄化するという方法ですが、

一人で取り組めるのが「瞑想・マインドフルネス」だとしたら

他者の助けを借りるのが「カウンセリング」「セラピー」「心理療法」になります。

 

 

↓クリックでの応援ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村