事業主のための支援について 経済産業省HPへのリンク
こちらをクリック→「新型コロナウイルス感染症関連 経済産業省の支援策」

ザ・チョジェ・リンポチェ師「宇宙と繋がる究極な瞑想法」

期間限定!チベットの高僧ザ・チョジェ・リンポチェ氏の瞑想教材

「The power of mantra?宇宙と繋がる究極な瞑想法?」の紹介です。

自分自身の人生を生きたいですよね。

申し込みは2018年11月30日まで。さらに11月18日までは早期特別割引とのこと。

今日は、世界にその名をとどろかせるダライラマ法王の右腕ともされる 釈迦十大弟子ウパーリの転生者、ザ・チョジェ・リンポチェ師と、 最大80万の高額プログラム限定20席が募集開始日に即満席となった、 人気急上昇中の祈りの伝道師、佐川奈津子さんの対談セミナーを収録した注目の教材です。

釈迦十大弟子の転生者が 釈迦由来のマントラを使った瞑想を伝授するという まさに本物の中の本物の瞑想を体感できる、 そして能力や才能や可能性がないと夢を叶えることすらも諦めてしまった人たちの 能力が開花し、具現化が止まらなくなる人生へとシフトする教材です。

以前ならこのような教材に本当に効果があるなんて信じられませんでしたが、

受けて側が「信じる」ということが効果を引き出すポイントなのだと思います。

信じていない人には効果は感じられないか、あっても半減。

信じているという状態はすでに「自分は良くなっていく」と決めている状態でもあります。

だから「信じる」という心理状態になるのですが、これは教材に効果があるうんうんの前に

自分を信じる、自分の可能性を信じるということ。

そこで初めて瞑想なりカウンセリングなりの効果が発揮できるというもの。

有名な故河合隼雄先生も、親や先生の勧めで無理やり連れてこられた子は

カウンセリングをしても効果が生まれないということをおっしゃっていました。

いかに自主性が大事かということですね。

 

自分の人生を良くしたいと思ってカウンセリングに行くという行動を起こした時点で

もう半分治っているようなものという言葉はよく耳にします。

いやいや通う、親が言っているからと気が進まないのにしぶしぶ通うというのではなかなか効果が上がらないのです。

 

今回のこのザ・チョジェ・リンポチェ師と佐川奈津子氏の対談セミナーと

釈迦由来のマントラを使った瞑想を伝授とは、とても興味があります。

マントラなんかも、以前は何の興味もありませんでした。

しかし見えない次元の存在を感じて以来、また自分でも瞑想をしてインスピレーションが入ってくるようになって

「伝授」やら「マントラ」やらの効果は確かにあるのだと思うようになりました。

確かに効果がすぐに現れるかどうかは人によるのですが、

人間の存在として

・肉体(粗大身)

・エーテル体 気

・アストラル体(微細身)感情など

・コーザル体(原因身)

・スピリチュアル体 (ここから全体意識とつながる)

・コズミック体

とあり、私たちの意識の重心は当然3次元の肉体にあるわけです。

コーザル体やスピリチュアル体といった3次元よりも高次の意識が存在するものの

意識の重心はそこにはないのが普通の人です。

しかし、見方を裏返すと本当はスピリチュアル体やコーザル体の方が「主」として動いており、

その影響が感情や気、肉体へと降りてくる、結果として現れるのが普段見ているこの世界というわけです。

 

つまり「従」である3次元ですが、普通の人は意識の重心も3次元にあるために

「主」として動いている「大元(コーザル体・スピリチュアル体)」の世界がほとんど感じられません。

瞑想や宗教的修行などで意識の重心が高次つまり「大元」にスライドできる方は、ヒーリングや癒しの波動を感じられるのでしょう。

同じくこの大元に働きかけるのがマントラの波動や瞑想の伝授というわけです。

西洋の「おまじない」なんかもこういうことだと思います。

3次元に意識の重心を置いたままだと作用しているのかどうかなかなか実感できませんが、人によっては実際に「身体の疲れが取れた」「痛みが和らいだ」「気分が晴れやかになった」などビフォーアフターで身体感覚の違いとして効果がわかるかもしれません

この教材のリンク先の説明に

才能が発揮できないという状態は、才能がないのではなく、

ハートが開いていないからとありました。

自分の心を開くということですね。

かなり興味のそそられる教材でもあります。

少しお高い(28000円)ので迷っているわけですが・・・。
期間限定!チベットの高僧ザ・チョジェ・リンポチェ氏の瞑想教材

事業主のための支援について 経済産業省HPへのリンク こちらをクリック→「新型コロナウイルス感染症関連 経済産業省の支援策」

コメントを残す