2007年に生死をさまよい、スピリチュアルな次元の存在をありありと感じました。その際、頭に電流が走り、啓示のように使命のビジョンが見え、今もなおその使命に向かって精進しています。

「悲しみを抱えたまま生きていく人」を支えるグリーフケアの活動と、「わたしだからこその生き方をしたい」を支えるスピリチュアルケアの活動。

応援クリックしてくれたらうれしいです。

→人気ブログランキングへ

→にほんブログ村

講座受講者の体験談・アンケートを掲載しました。

「個人セッション(東大阪)」のタブの下、

利用者の体験談ページに講座受講者のアンケートを掲載いたしました。