サイト運営者情報

サイト運営者:探求しすぎ母さん

 

2007年、死に直面した際に一瞥体験がありました。自分の「社会的な」使命を知るが、それを機に人生やいのち、人間、スピリチュアリティについての探求生活が始まる。

2018年、もう一つの使命、なりたかったものがわかる。それは「お母さん」。

今ここ、子どもたちのいるこの環境は、まさにわたしの求めていたものだったという気づき。

「子どもの話をじっくり聴く、気持ちに共感すること」はもともとやりたいことだったという気づき。

自由にさせすぎて野生児化してしまった部分もあるので、これからはちょっと厳しさも必要というのが今後の課題。

 

幸せは目の前にあった。愛情深くもいびつに育てられた過去は実は必然でそれ自体で完璧だったことを身をもって知る。人の行いに、本当の意味での間違いは何もない。

自分の気持ちに正直になることを許すまでの道のりは長かったです。

◆グリーフケア・スピリチュアルケアの活動

 サイト「千の花」運営

スピリチュアルケアの個人セッション

・悲しみや苦しみのケア(グリーフケア・トラウマケア)

・思い込み(自分を縛っているビリーフ)を解放し、自分らしさを引き出す(メンタルブロック解除)

その他曼荼羅作成などのワークショップ開催。

上智大学グリーフケア研究所 非常勤講師 

   対人援助論 (2016年度)、

   グリーフケア援助論 非常勤講師(2018年度、2019年度) 

遺族会「はすの会」スタッフ

「天使ママ・天使パパの会in関西」代表

NPO法人虐待問題研究所 監事、カウンセラー、講師 

 

上智大学グリーフケア研究所修了生の会 世話人

◆その他

スピリチュアルケア学会会員

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

過去の経歴

◆職業:元英語講師(2003年から2018年) (武庫川女子大学、神戸学院大学、梅花女子大学、近畿大学、他KDDI、川崎重工などの企業)

 

私の活動の目的    ~苦しみからの解放、癒しと気づき、その人自身の人生を取り戻すサポート


 

死に直面する体験をして以来、

生きること、死ぬこと、幸せとは?自分のいのちを生きるとは?

本当の意味で「生きる」って何だろう?

私は一体何がしたいのか?

 

などということについて毎日のように考えてきました。

 

妊娠中3人目の子を亡くし、私自身も敗血症、DIC、多臓器不全と生死をさまよい生還。その時に強烈な気づきがありました。

「どんなに短いいのちだったとしても意味があって生まれてくる」

「身体はなくなっても、その想いやその存在が残された者を通して『生きる』」

「別の形ではあってもそれってやっぱり『存在が生きている』ってこと」

「エゴに基づく欲望ではなく、誰かのためにという愛の行動を取ること、他者のたましいの喜びにつながる行動をすること。他者を生かすことはそっくりそのまま本当の意味で自分を生きるということ」

 

ブログを通して、いのちやスピリチュアリティについて語ります。