あそかビハーラ病院 プロジェクト達成おめでとうございます!

あそかビハーラ病院 プロジェクト達成 おめでとうございます!

クラウドファンディングで600万円の資金調達を目標としていましたが、12月7日に目標を達成。その後も支援者、支援金はものすごいスピードで増え続け、なんと最終的に支援総額は8,562,000円、支援者は462人に!

「お坊さんのいる病院」がもっと増えていくといいですね。以下は11月20日の記事です。

 

着々と支援者が増えています。

11月7日

支援者は92人。支援額が2,277,000円。

11月20日

支援者は151人。支援額が3,427,000円。

そして12月1日現在

支援者は236人。支援額が4,604,000円。すごいスピードで支援者・支援額とも増えています!

目標額は600万円。期日は12月20日。あと19日です。

約140万円必要ですが、プロジェクト成功しそうですね!

 

あそかビハーラ病院をクラウドファンディングで支援のお願い

記事下にリンクを貼っております。

スピリチュアルケアに力を入れている病院です。

ビハーラ僧というのはチャプレンの仏教バージョンといったところでしょうか。

詳細はリンク先をご覧いただきたいのですが、まずは12月20日までにあと約390万円が必要です(2019年11月6日現在)。

最初の活動資金として合計600万円が必要なのですが、期日までに集まらないとプロジェクトが不成立となってしまいます。

あそかビハーラ病院は「ホスピス・緩和ケア」を行っており、患者さんが最期まで生き抜く、その人らしく最期を迎えることをサポートし、「生まれてきてよかった」「生きていてよかった」と感じていただけるよう運営されているということです。

しかし真正面から患者さんの「死と向き合う」には相当な訓練を積んだ僧侶の方の協力が必須であるということと、この病院は地方にあるため看護師さんも集まりにくいとのこと。

600万円のうちわけは

● 看護師1名の採用費用:500万円

● 僧侶の活動資金:100万円

とのことです。

私も自分のできる範囲で寄付させていただきました。

ぜひ、リンク先のページを、読んでいただきお気持ちの動いた方がいらっしゃいましたら支援のご協力をお願いいたします。

患者さんが残された直筆のお手紙、この病院で過ごすご様子が映った写真、思いのこもったメッセージから温かさ・優しさが伝わってきます。

「お坊さんのいる病院」その人らしく最期まで生き抜くサポートを

個人面談ではお一人おひとりを大切に、その人の価値観を大切にした対応を心がけております。 どのようにすれば最もらくになれるのかは人それぞれ、抱えている価値観・気質・状況によって異なります。 「千の花」での面談をご希望の方は以下をお読みください。 ブログ内には心の癒しやあなたの可能性を広げるヒント、役に立つ本の情報など豊富にございますので、ぜひ参考になさってくださいね。