意識は身体の外にある!? (2013年2月執筆記事)

2013年に別サイトにて公開した記事。ちょっと修正して公開。
かなりぶっ飛んでますが・・・。
言いたいことは今とさほど変わらず。

脳は自分の頭の中、身体の中にあるということは

疑いもしなかったのですが、

どこかのサイトだったか本だったか忘れましたが

タイトルにあるようなことが書かれてありました。

 

正確には脳ではなく、「意識」が身体の外にあり、

その情報を「脳」がキャッチする。

 

引き寄せの法則やスピリチュアルなことを学んでいると、

自分も他人も何もかもが同じ存在で繋がっている

「ワンネス」ということをよく耳にします。

 

これは私も覚醒体験をしたときに実感しました。

※覚醒体験と書いていますが、一時的に大いなるものと繋がった一瞥体験です。目からウロコが落ちました!しかしまた何枚かウロコが目に戻りました。よって景色は曇って見えます。しかしそれでも前より遥かにクリアです。

 

あなたは私、あの人も私。あれも私、これも私。周りが私。

ということは今あなたが見ているこの記事はあなたなのです。

 

あなたは自覚がないかもしれません。

 

でもあなたの深いところ、魂は全て知っていて、

それを顕在意識のあなたに伝えているのです。

 

思い出すことは容易ではありません。

 

しかし、本当はあなたの魂は全てのことを知っている

全知全能の神と繋がっているのです。
いいえ、神そのものなのです。

 

小学校の算数を思い出してください。

1+3=4

2+4=6

 

3+3=

足し算のやり方さえ習えば、

初めて見る式

3+3= 

の答えがわかりますよね。

これは誰かに教えてもらったのではなく、

自分で答えを見つけましたよね。

 

自分の中に答えがある。

答えと繋がる源(ソース)と繋がる能力があるからです。

 

赤ちゃんは知識がゼロで生まれてきますが、

おっぱいを吸うことを本能で知っています。
これも赤ちゃんの方が大人よりも源(ソース)とより繋がっている、

自分の中の答えとより繋がりやすい、

叡智そのものであるからだと思いませんか。

 

だから子どものほうが語学をすらすらと

マスターすることができるのです。

 

大人は子どもよりもソースに繋がるパイプが細いので、

反復練習や意識的に努力することが必要なのです。

 

しかし、大人であっても細くはあるけれども

その源に繋がってはいるのです。

 

知りたい知識をインターネットで調べますが、

元々「知っていた」ものを

時間をかけてまた自分のものにするということを

「身につく」というのです。

まあ、テレビやインターネット、

本の情報他人の言動には

いらない「ノイズ」もものすごく多いです・・・。

これもまた自分の中にも「ノイズ」があるということで。

 

外国語の習得も「もともと知っている」ものです。

やっていないから使えないけれども

ソースからその能力を何度も何度も引き寄せるのです、

努力という名の引き寄せによって。

 

例えて言うと、銀行にお金がどっさりあるのだとイメージしてください。

 

でも一気に高い金額を引き出すことは

お母さんから止められているのです。
お金は全てあなたのものなのですが、

自由に引き出すことができないのです。

 

これをもっと自由に引き出すことのできる状態が

「願いが叶う状態」とでもいいましょうか。

 

ということで脳というか「意識」は身体の外にあるのかもしれません。

 

そもそも体のどっち側が内でどっち側が外なんてはっきり定義できません。
顔の肌が内で内臓が外かもしれませんね。

2020年5月追記。

この記事に書いた内容がますます真実味を帯びてきた今日この頃です。

もはや意識が肉体とは別次元に属するという認識は当たり前。

人生はあなた自身がどうにでも創れるんです!と自分にも言ってます。

読んでくださりありがとうございました。

 

個人面談ではお一人おひとりを大切に、その人の価値観を大切にした対応を心がけております。 どのようにすれば最もらくになれるのかは人それぞれ、抱えている価値観・気質・状況によって異なります。 「千の花」での面談をご希望の方は以下をお読みください。 ブログ内には心の癒しやあなたの可能性を広げるヒント、役に立つ本の情報など豊富にございますので、ぜひ参考になさってくださいね。