遠隔レイキヒーリングを内緒で子どもの喉痛に試してみました。

今年の初めから3月にかけてレイキの伝授を受けました。

ファーストからサードまで、それぞれ自己ヒーリングも毎日やっていました。

自分の肩こりや腰痛などは改善される感覚があります。

まあ、スピリチュアルなことをやっている人は身体も癒されるんじゃないの?

そもそも肩こりや腰痛にどうしてなるの?

という疑問を感じることがありますが、介護のパートで肉体を使ったりするのでその影響です。

以前は頭痛持ちでよくバファリンを飲んでいましたが、電車で通勤するという環境が無くなったことと、ここ数年は瞑想を続けているためか頭痛からは解放されました。

サードを受けたのが3月。

その後4月からは毎日、家族と職場の人たちに遠隔でヒーリングというかお祈りをしています。

健康と無事でいることに感謝し、特に大阪はコロナがすごいことになっていたので、感染しないよう、しても軽症で済むようにお守りくださいというお祈りです。

(ちなみに今までも瞑想する際には家族のことを必ずお祈りしていましたし、ライフワークで関わる人たちのことも、その日活動が始まる前に必ず「その人にとって最も善いようにことが運ばれますように」と祈っていました。

仕事に行く際はある時期までなぜかお祈りをするということが頭になかったのですが、思い出した際はやるようにしていました。)

そしてたまに、どこか具合の悪くなった人がいたらレイキの遠隔ヒーリングをしたことがあります。効果があったのかどうかは微妙なところです。

そして先日、上の子が「熱はないけど喉がめちゃ痛い。病院に行く。」と言い出しました。

いつもは効果を感じる市販の薬を飲んだけど効かなかったそうです。

翌日も痛い痛いというので、上の子には内緒でお昼すぎに30分ほど遠隔ヒーリングをしました。

ちょうどその日、上の子は病院に行ったのですが、その後「まだ喉に違和感があるけど友達と話した後急に良くなった」とのこと。

こっそりと遠隔ヒーリングをした約2時間後のことです。

「急に良くなる」って???

効いたのでしょうか???

レイキのヒーリングは受け取る側が必要な分だけ流れるそうです。

健康な人はそれほど必要としていないのであまり流れず、具合の悪い人にはたくさん流れるらしいです。

痛みが急に改善されたというのでもしかしたらレイキが効いたのかもしれませんし、病院の薬が効いたのかもしれません。

自分ではレイキが流れている体感はなく、ただ瞑想時のようにリラックス状態になると流れるんだろうなとは思っています。

レイキの先生、それから感覚の鋭い方には「流れている」と言われました。

レイキというのは不思議で、そのヒーリングエネルギー自体が肉体に作用する場合もあれば、何かの治療法との出会いをもたらしたり、精神に作用したり、人生に作用してその人にとって必要なことが起こったり、色々なはたらき方をするようです。

自分ではなかなかわかりづらいのでセッションのメニューにはまだできないですが、何度か練習会・講習に行き感覚がつかめてきたらモニター募集するかもしれません。

 

以上レイキの伝授を受けてからの近況でした。

読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

個人面談ではお一人おひとりを大切に、その人の価値観を大切にした対応を心がけております。 どのようにすれば最もらくになれるのかは人それぞれ、抱えている価値観・気質・状況によって異なります。 「千の花」での面談をご希望の方は以下をお読みください。 ブログ内には心の癒しやあなたの可能性を広げるヒント、役に立つ本の情報など豊富にございますので、ぜひ参考になさってくださいね。