感無量。何気ない言葉からメッセージを受け取った出来事

今回は私が上の子から思わぬメッセージを受けとった話です。

2017年、上の子が高校1年の夏、V6の「学校へ行こう」を一緒に見ていたときのこと。

「男子校&女子校 夢の交換留学」という企画をやっていて

ある男子校と女子校の生徒それぞれ5名が1泊2日で交換留学するというもの。

共学に憧れる高校生がそれぞれの学校から5人だけ選ばれます。

以下はyoutubeにあった動画です。

>>>>V6の愛なんだ2017 史上最高の夏まつり!2017年8月30日

以下は「テレビの感想文」というサイト。概要が書かれてあります。

>>>>男子校&女子校 夢の交換留学で登場した高校はどこ!?【V6の愛なんだ2017】

女子も男子も、普段交流のほとんどない異性と触れ合う機会だということで大はしゃぎしています。

ある男の子が嬉しさのあまり舞い上がりすぎて狂喜乱舞する姿に大笑いしながら見ていたのですが、

その様子を見た上の子が

「すごいな~!絶対この子このあとダッシュで家に帰って玄関のドア開けた瞬間

ママーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!って叫ぶんやろうなあ!」

 

 

!!!!!

・・・・・すごいものをもらったと思いました。

今思い出しても泣きそうです。

これ以上の言葉はないです。

 

いくら学校で嬉しいことがあったとはいえ、

普通高校生の男の子が家で親にそれを話すというのは珍しいことだと思うのです。

中高生時代、親に対してそんなに感情を露わにすることは私もあまりありませんでした。

うちの子はそういう発想すらなかったのでしょう。

イヤなことももちろんだけど、嬉しいことがあったら絶対ママに話したい!聴いてほしい!それが当たり前。

よその子も自分と同じようにするものだと思っているからこういう言葉が自然に出たのだと思います。

そういう風に喜びを親と分かち合うことがごくごく当たり前のことだと思って放った言葉。

普段から学校でのことをよく話してくれます。

彼女にとって「ママーーーーーーーーーーッ!!!」と安心して話せる存在になれていたのだというこの上ない喜びを感じた出来事でした。