辛いときの励ましやアドバイスはしんどいことも。ありのままの気持ちを受け止めること。

辛いときの励ましやアドバイスはしんどいことも

グリーフケアやスピリチュアルケアでの「寄り添い」について、いつも言われていることでもあります。

問題はかける言葉そのものではなく、それを発した「動機」の部分つまり「本音」が伝わってしまい、結果傷つけてしまうことにつながるのですね。

辛い状況にある人に「頑張って」とか

「あなたより辛い人は他にもいる」とか

「神様は耐えられない試練は与えない」とか

中には

「わかるよ、その気持ち」

と言われて

「あなたに私の気持ちなんかわかるわけがない」

と怒りを感じたり・・・。

言葉をかける方は相手に「良くなってもらいたい」という気持ちで言うのでしょうが、

「相手が元気になることで、自分が安心したい」という動機が潜んでいる場合があります。

となると、自分が安心したいために言葉をかけて「ちょっと元気が出てきたかも」という反応が欲しいのですね、言葉をかけた側が。

そして、辛い状況に陥っている側は「そんな反応を期待しているんだな」ということをキャッチするので、自分でもまだまだ辛いのに「ありがとう、ちょっと元気になれた気がする。」とか「アドバイス通りにやってみるね。」と返答する。

これは「もうあなたには話さない」というメッセージが含まれていることが多いです。

これ以上深い話をあなたとはしたくない、ということです。

この人は私にとって大事な人で、これからも関わっていきたいと思っていたら、

「そう言ってくれる気持ちはありがたい。けどその言葉は今は辛い。」

など正直に返すと思います。

関わりたくないから、安心させるようなことをとりあえず言って、次からはもう訊かれないようにしようという意識が感じられます。

この人に話しても私の辛い気持ちを受け止めることから「逃げてるだけ」だから。

「話を聴いているフリをして、アドバイスしたり、励ましたり。相手が「元気になった」のは私のアドバイスのおかげだ、って思いたいんでしょ。」

悩みを抱えていたり、苦しい状況にいる時、自分の話を「相手の手柄にされること」ってやっぱりあるんですよね。

無理やりこちら側の価値観に相手を引きずり込もうをするのはだめ。

しかしアドバイスや励ましは全部が全部NGではなく、発する側の「動機」と「受け取る側の状態」がぴったりと一致していれば、何の問題もなく、本当にそれは「助け」になるのです。

先ほど挙げました、

「頑張って」

「神様は耐えられない試練は与えない」

という言葉も、状況によっては力にもなるのです。

「言葉自体に正解・不正解はない」のですね。

ブログ執筆の難しさも

このサイトの記事も、読者自身、何を求めているかによって響かないページもあるかと思います。

このサイトはざっくりとですが、対象は

1.苦しみを抱えている人

2.本当の自分で生きていきたい人

3.心や真理の探究をしたい人

4.グリーフケア・スピリチュアルケアに興味がある人

なので、今苦しい思いを抱えている人が「本当の自分で生きていきたい人向けの記事」を読んでもぴんと来ないことが多いかと思いますし

むしろ反発したくなるかもしれません。「とにかく自分を信じて、心が喜ぶことをしましょう」という内容を読んでも、今辛い人はそれどころではないでしょう。

「もうどうやって生きていったらいいかわからない」

「生きる意味もない」

「自分が何をやりたいかなんてどうでもいい」

書いている私自身、ブログの文章でどこまで寄り添うことができるのか、という限界も感じます。

やはり対面とは違うのですね。

今まさに「辛く苦しい状況」にある人の書いたブログや本からは、切々とその思いが伝わってきますし、似たような苦しみを抱えている人にとっては、「ああ、自分の気持ちと同じことが書かれてある」という風に「わかってもらえた」と感じるように思います。

自分の状況に応じて、これから私はどうなっていくのか、どうしてこんな出来事が起こったのだろうか、と自分のことを知りたくて誰かの体験を読むわけですからね。

改めて、「ケア提供者は相手の鏡になること」を意識しないとな、と思いました。

読んでくださりありがとうございました。

 

 

個人セッション・メール相談ではお一人おひとりを大切に、その人の価値観を大切にした対応を心がけております。 どのようにすれば最もらくになれるのかは人それぞれ、抱えている価値観・気質・状況によって異なります。 「千の花」でのセッションをご希望の方は以下をお読みください。