嬉しかったこと

これはちょっと嬉しかったので書いておこうと思います。

介護のパートで、ある職員が私のことを言っていたそうです。

「大山さんは利用者さんに対して腹が立ったりする態度でいるのを見たことがない。いつもその人のことを本当に思って心から接しているのがすごい」と。

とても嬉しかったです。

 

もちろん腹が立つこともたまにはあります。忙しい時に複数の人に呼ばれてしかも認知症の症状で怒りをあらわにされた時など・・・。

それでも、介護で腹が立つこと自体がとても少ないです。

怒っているのに怒っていないフリをしているのではなく・・・。

 

これはスピリチュアルケアの訓練が非常に役に立っているのと、日々瞑想を習慣にして精神を健康に保っているからです。

それから本山博先生のおっしゃっている「超作」を意識しています。

関連記事:超作。本山博先生。相手が最も良くなるようにと愛と祈りの心で行為し、結果にとらわれないこと。

意識はしているけど、とても難しい。

 

毎回心を整えて、「超作」ができるように精進ですね・・・。

それから、やはり死産で亡くなった子の残してくれたものを今でも時々思い出すのです。

あの子からもらった優しさを、関わる人にも届けたいと思い、

目の前の人が、今のありのままの状態で、安心していられるように優しく落ち着いて接しています。

 

今日もお読みくださりありがとうございました。

個人面談ではお一人おひとりを大切に、その人の価値観を大切にした対応を心がけております。 どのようにすれば最もらくになれるのかは人それぞれ、抱えている価値観・気質・状況によって異なります。 「千の花」での面談をご希望の方は以下をお読みください。 ブログ内には心の癒しやあなたの可能性を広げるヒント、役に立つ本の情報など豊富にございますので、ぜひ参考になさってくださいね。