仕事に行きたくない・やる気が出ない悩み。気力アップのかぎは丹田にあり

朝起きた時すでに疲れている

仕事に行きたくない

人と会うのがおっくう

一度気分が落ち込むと回復までに時間がかかる

(※あまりに状態がひどい場合は病院に行ってください。)

自分に無理をさせて頑張り続けているとこんな状態になって当たり前。

気力、エネルギーの消耗が激しく、日々の食事や睡眠で生産されても追いつかない状態です。

状況を変えたい!けどそれは難しいという場合、自身の気力、エネルギーをアップさせ消耗するよりも多く蓄えることでだんだん疲れにくくなってくるようです。

関連記事

>>>>やりたいことはあるけど、なぜかやる気が出ない。気力・やる気アップの対策は?

上記は割とすぐに取り組めるような方法を書きましたが、今回紹介するのは「立禅」といういわば立ってする瞑想。

気力アップのかぎはプラーナを呼吸などで取り入れることと、どうやら「丹田」を鍛えることがかぎのようです。

気力はやりたいことを実現させていく力の元でもあり、実現力のある人は「丹田」が強いとのこと。

チャクラでいうと第2チャクラになります。

第1、第2、第3チャクラは「現実生活で地に足つけてやっていく」エネルギー元になっているチャクラです。

実際、生活力やお金の巡りも、下位のチャクラの働きが関係していると思います。100パーセントそうであるとは言い切れませんがかなり相関しているように思います。お金も「エネルギー」なので。

お金と気力・エネルギーについても今度書く予定です。

関連記事

>>>>お金はエネルギー。お金は実はスピリチュアルなもの。

第4から上は共感力や直観力などをつかさどるチャクラで、HSPやエンパスといった人は第4から上のチャクラを使うことが多く、それらのチャクラは下位のチャクラより多くのエネルギーを消費します。

他人のことが気になってどっと疲れてしまうという状態はまさにエネルギーを消耗していますよね。

下位のチャクラを鍛える、特に第2チャクラに対応している丹田を鍛え、気のエネルギーを多く溜めておけるようになれば、仕事や人間関係などでエネルギーを消費しても、それ以上にチャージしていることになり、疲れることも減ってきます。

立禅の方法

色々と検索していて出てきたのがこれで、実際に数分間だけやってみました。

黒豆仙人さんという方のサイトにリンクしています。

カンフー式瞑想法! ストレスに負けないリラックスした体の作り方(站椿、立禅)

他にも興味深い記事がたくさんありました!

 

確かに!今まであんまり「気」を感じることは在りませんでしたが、立つことがポイントなのか、手のひらに熱感を感じました。

こんなことなかったのでびっくりです。

これは効果ありそう。

自分の手からエネルギーを出す練習や他人の手から出るエネルギーを感じ取る練習などもやったことがありますし、気功の本を参考に手のひらで気を練る練習もしたことがありますが、いまいち感じることができなかったのです。

呼吸法に比べたら取り組むハードルはちょっと高いかもしれませんが、1分とかでもやってみる価値はありだと思います

瞑想を習慣にしている人であれば数分くらいはできると思います。

立禅は一つの方法ですが、ポイントは「丹田」に気を集めるということです。

気分が滅入るという時にも役立つでしょう。

さらに今まで目標達成のためいくら努力してもなかなか実現しないといった悩みにも効きます。

要は願望を実現させる十分なエネルギーがなかった、あったかもしれないけど消耗して追いつかない状態だったというのが改善されていくでしょう。

読んでくださりありがとうございました。

早速今日から立禅やってみます。