コロナワクチンの副反応を記録しておきます。

6月15日に1回目のワクチン接種を終えました。これを書いているのは6月23日、8日目になります。

1日後、2日後は接種部位の腫れあり。

5日目6日目、の起床時、腕から指までのしびれ(これは普段から割とある)加え、手指のこわばり。両手の指の第2関節が痛い。起床後数時間ほどはしびれのため思うように動かせず。

7日目、8日目はしびれはほとんどなし。指の痛みあり。少し改善された模様。

7日目昼過ぎまでは接種部位はなんとも無いことを確認済み。しかし夕方から腫れ出し、少し熱を持っている。痒みもあり。

指の痛みが気になります。これはワクチン接種と関係があるのか、別の病気なのか?

介護の仕事で疲労が溜まっている?痛くなるほどのことはしていないけどなあ。

経過観察ですね。

 

レイキを習ったのに痛い部位が増えていく・・・・。

腰も痛いし消毒が原因で手湿疹もなかなか治らない。

何というか、自分でヒーリングできるようになった(ように感じる)のは、仕事で肉体疲労が進むから自分でケアできるようにしときなさいよ、と準備させられていたのか?

急に動けなくなった人(体重めちゃ重い)の介護が大変で、背中と腰が痛い。

痛い所が増えてしまってヒーリングが追いついていないです。

 

そうそう、俗に言う「もらう」っていう現象。憑依もその一種ですが。

相手の感情とか、体調とか、重いものは病気まで、その人に同調してしまうことで、自分も相手と同じような状態になってしまうことを言います。

病気といっても感染症のような急性なものもその一種ですが、もっと重い慢性的な病気もです。

(全ての病気がそうだとはいいません。人生に深い影響を与えるほどの思い病気や、その病気にかかることによって、周囲に大きな影響を与えるなど、生まれる前から決まっているものもあるでしょう。)

三次元の世界では自分と相手は別の存在ですが、感受性の高い人は相手の感情や体調を無意識に自分のものとして感じてしまって、「もらって」しまうことがあります。

自分のものではないのに、自分のものにしてしまうのです。

これは相手に責任があるのではなく、自分から無意識にチューニングしてしまっているので、それをやらないように、やってしまった時は切るようにしないといけません。

自分と相手に境界線を引くのです。まずは「あの人と私は別」と意識すること。

 

途中で話題が変わってしまいました!!

今日は短いですがここまで。

読んでくださりありがとうございました。

 

 

個人面談ではお一人おひとりを大切に、その人の価値観を大切にした対応を心がけております。 どのようにすれば最もらくになれるのかは人それぞれ、抱えている価値観・気質・状況によって異なります。 「千の花」での面談をご希望の方は以下をお読みください。 ブログ内には心の癒しやあなたの可能性を広げるヒント、役に立つ本の情報など豊富にございますので、ぜひ参考になさってくださいね。