転職やパート・アルバイトも考慮。仕事をしながらライフワークに徐々に移行していくパターン

好きなこと・天職・ライフワーク1本で生きていくまで。仕事との両立はどうする?

自分の好きなことが会社などの組織の中で働く形で叶う人であればそこに雇ってもらえればいいのですが、独立や起業となると今やっている仕事を近い将来辞めて、一人でやっていくことになります。

独立までのパターンは

  1. 今の仕事を辞めてライフワークで即独立。
  2. 仕事を辞めずに副業やボランティアからライフワークに携わる
  3. 働き方を変えて(転職やパート・アルバイトなどに)ライフワークに携わる

 

1.今の仕事を辞めてライフワークで即独立。

「私のライフワークはこれだ!」と自分でもわかり切っている場合、1の「今の仕事を辞めてライフワークで即独立」したくてウズウズするでしょう。

でもこれは1年くらいは無収入でもやっていけるくらいの資金が無いと厳しい。

独立してすぐうまくいくことはまずないので、確実にライフワークでお金も稼いでやっていきたいのであれば、まずは

2の仕事を辞めずに副業やボランティアからライフワークに携わるか、

3の働き方を変えて(転職やパート・アルバイトなどに)ライフワークに携わる

良いでしょう。

逆に言うと、お金が十分にあって働かなくても生活費の心配をしなくて済む環境にいるのであれば、即ライフワークの活動をすべきだと思います。

恵まれた環境は「ライフワークに進め」ってことかもしれないですから。

生きている時間というのは有限ですし、今身体も動いて頭も正常に働いている状態でしょうが、それも将来はどうなるかわかりません。

やりたい時にやりたいことをやらないと人生の損失になります。

2.仕事を辞めずに副業やボランティアからライフワークに携わる

これはもともとやっている仕事とライフワーク、両立できるのであればベストですね。

徐々にライフワークの比率やライフワークからの収益を増やしていき、仕事を辞める方向に持っていきましょう。

生活リズムがわかっている分どこを削り、ライフワークに充てるかイメージしやすいです。

仕事とライフワークの両立で大事なのは

ライフワークのための時間が確保できること

ライフワークに注げる気力・エネルギーを保てること

仕事内容が自分の価値観と合っていること

 

これが可能であれば理想なのですが、両立が難しい場合もあります。

というのは、仕事で無駄に疲弊することがあるから。

特に、ライフワークを仕事にしたい、独立したいなどと考えているということは「本当の自分の生き方をしたい」という本音が浮上してきているということでもあります。

意識の面で成長が進んでいるため、今までは「これでいい」「こんなもんだろう」と特に困ることもなくやっていたことに対して、「これって本当はおかしいよね」と感じることが多くなります。

で、全員ではないですが、たいていは今の仕事への違和感が大きくなってきます。

「この仕事はライフワークとは真逆だ」とか感じるのですね、みんなじゃないでしょうが。

それでも割り切ることができたらOKですが、気持ちの面でしんどくなり、仕事に対する違和感にエネルギーを使い、肝心のライフワークに力を注げなくなりがちです。

最初から今やっている仕事とライフワークの差が無い場合は2.仕事を辞めずに副業やボランティアからライフワークに携わるという方法からやっていくと良いでしょう。

3.働き方を変えて(転職やパート・アルバイトなどに)ライフワークに携わる

これは2で言ったように、元の仕事に対する違和感が大きくなったり、ライフワークとの両立が難しくなった場合に、一旦転職することです。

安定した収入を確保しつつ、メンタルが疲弊しない、気力が枯渇しない仕事を選ぶことが大切。

気力を使い果たし、しんどすぎてライフワークのことが全く何もできない状態は避けたいですよね。

ライフワークと両立できる仕事に転職することになりますが、この場合も「自分を深く知ること」「合わないと思ったら辞める勇気」が大事。

というのも私は一度失敗しているのです。

ライフワークと両立できると思って就いた仕事が大学の事務でしたが、仕事内容が全く合わず、気力の枯渇が半端なかった。

大学なので2週間ほど夏休みがありましたが、休みにも関わらずずっと気分が沈んでいました。

普通休みだったら回復しますよね。

夏休み中、新学期の仕事のことを考えると憂うつで憂うつで・・・・。

事務の仕事を始める前は、「体力も使わないだろうし、エネルギーも温存できて両立可能でしょう」と想像していました。

実際は覚えることだらけで脳の疲労が半端なく、また決められた形式に合わせないといけない仕事なので、性格に合っていなかったのです。

家にいる時、休息とストレス解消にエネルギーを消費してしまうのです。

その後、介護のパートに就きましたがうまく両立できています。

介護はライフワークではありませんが、スピリチュアルケアの心が必要な現場であり、自分の価値観とも大きなずれがなく、力を抜いて仕事ができるので余力を残しておけます。

給料が低いのが難点ですが。

一旦転職やパート・アルバイトを考えるのであれば、先ほどの2のパターンと同じく

ライフワークのための時間が確保できること

ライフワークに注げる気力・エネルギーを保てること

仕事内容が自分の価値観と合っていること

が大事ですね。

できたらお給料も高めだったら理想です。

以上「転職やパート・アルバイトも考慮。仕事をしながらライフワークに徐々に移行していくパターン」

  1. 今の仕事を辞めてライフワークで即独立。
  2. 仕事を辞めずに副業やボランティアからライフワークに携わる
  3. 働き方を変えて(転職やパート・アルバイトなどに)ライフワークに携わる

 

という内容でした。

今日もお読みくださりありがとうございました。

 

個人面談ではお一人おひとりを大切に、その人の価値観を大切にした対応を心がけております。 どのようにすれば最もらくになれるのかは人それぞれ、抱えている価値観・気質・状況によって異なります。 「千の花」での面談をご希望の方は以下をお読みください。 ブログ内には心の癒しやあなたの可能性を広げるヒント、役に立つ本の情報など豊富にございますので、ぜひ参考になさってくださいね。