自己分析。やりたくないことリスト

好きなことを仕事に!自分の人生を生きるために。まずは自分を知ること

好きなことを仕事にしていくために、ある程度は苦手なことやいやなことをやる必要も出てくるでしょう。

本当にやりたいことを支えてくれるスキルであったり、お金を稼ぐ手段であったり。

やりたいこと=木の幹だとしたら、スキルやお金を稼ぐことは=枝葉ということになります。

枝葉の部分は、もちろん好きで得意なことであったほうが快適ですが、苦手なことや嫌いなことをやる必要な場面は出てきます。

問題なのは、苦手なことや嫌いなことに対して感情が乱れ、ストレスがたまり、負荷がかかって木の幹に影響がでてしまうこと。

本当にやりたいことを支えるための行動が、あなたのエネルギーを奪い去り、そのせいでいつまでたっても大事なことに力が注げないということが問題なのです。

やりたくないことリストから感じたくない感情を明確にする。私の例。

やりたくないことを目で見てわかるように挙げてみます。その後、私は一体どんな感情を感じたくなくて、それらを「やりたくない」と思っているのか。

また好きなことに取り組むことに対してどのような影響を与えるのか考えてみます。

 

やりたくないことリスト

うるさいところでの作業

他人のことまで背負いすぎる自己犠牲

満員電車に乗る

車の運転

小さい子をママチャリに乗せての運転

電話

 

売りたくないものを売る

買いたくないものを買う

断ろうとしている人に無理やり勧めること

必要でないものを必要であるかのように見せて売ること

 

いつまでにあれもこれもやらなきゃという追い立てられる不安を感じること

焦ること

自分に負荷をかけて努力、無理しないとできないことを課すこと

不得意分野

計算、経理、電話対応、事務作業

型に合わせて動くこと

マニュアル通りにすること

早起き

時間に追われて弁当を作ること

化粧も髪型も準備する時間もなく出かけること

価値観の合わない仕事。表面的な利益のみを求めること

多すぎるものを所有して管理できないこと

人から感情のはけ口にされること

愚痴を聞かされること(こちらを信頼しての相談ではなく、単なる感情のはけ口として扱われること)

モノ扱いされること

仕事に行っている間家事ができないので、帰宅後に短時間でやること

関わっても心が動かず、益にならない活動に参加すること

興味のない番組を見ること

やりたくないけどできればやりたいと思えたららくだろうなと思うこと

掃除

片付け

料理

洗濯

アイロンがけ

ゴミの分別

ゴミ出し

 

 

まだ記事作成途中ですが、とりあえずアップしておきました。

追記予定です。