イラストで説明。2種類の個人セッション。グリーフ・心の傷の癒しのケアと自己実現・飛躍のケア

カウンセリングルーム「千の花」の個人セッションは、目的別に2種類あります。

※イラストで説明してみましたが、心のことはこんなに単純ではありません。

これ以上落ち込まないくらいまで落ち込んだかと思ったら、価値観の大転換が起こりウソのように苦しみから解放されることもあり、またその逆もあります。あくまでイメージとしてこのイラストをご覧いただければと思います。

1.過去に起きたことが原因で、今現在とてもしんどいという方向け、「癒し」「自己受容」が目的のセッション。

グリーフケア・トラウマケアのセッションです。

現在の生活でやるべきことがあるにも関わらず、その辛いことが心に引っかかってしまい、心が乱され、手につかないという状態の方向けです。

この図でオレンジで囲った部分になります。

どのような状態であれ、優劣はありません。ただそのような状態にあるというだけです。「苦しい」と感じるか「私はできる」と感じるかの違いです。

少々嫌なことがあってもどうにかやっていける状態、嬉しいことも辛いこともあるだろうけど、周りの人の支えなどを感じながら穏やかに暮らしている状態、それが仮にゼロポイントとすると、そのような状態から遠いと感じる、辛い方のためのケア、心が不安定になって自分の苦しみにとらわれ、出口が見え辛い方のケアになります。

抱えている問題が解決できることもあれば、問題そのものの解決は不可能なこともあります。解決できないことの方が多いように思います。その解決できない苦しみ悲しみを、自分のものとして抱えていく。

ゆっくりと自分自身に向き合っていく中で、その苦しみ悲しみを抱えた自分という存在そのものを丸ごと受け入れ、やがてその苦しみ悲しみがあったからこそ、生きていける、他者への優しさになるという豊かさを感じる自分になる方もいます。

逆にどう向き合ってもなかなか受け入れることができず、苦しいという方もいます。どちらもその人にとっての正解であり、そのままの状態を「それがあなたなんですね。」と否定せず認め、尊重し受け止めるのがカウンセラーの役割です。

 

2.自分の未来ややりたいこと・自己実現といった可能性に焦点を当てた「制限からの解放」「自己実現」が目的のセッション

メンタルブロック解除のセッションです。

なりたい自分、やりたいことがあっても、それをさせないような心のブロックを持っているとなかなか前に進みません。

やろうと思っても行動できない、一目が気になる、やってもうまくいかない・・・。

顕在意識の上では前向きに行動しているつもりが、潜在意識ではすれにストップをかけている状態ですね。

どのようなメンタルブロックがそうさせているのか、このセッションでは明確にしていき、心の深い部分にその原因がある場合は一緒に深く入っていって解放のお手伝いをします。

あなたの持って生まれた才能を引き出して、世に出していけるようになるためのセッションです。

 

2種類のセッションについて詳しくはこちらのページをご覧ください。

セッションの特徴

 

 

個人面談ではお一人おひとりを大切に、その人の価値観を大切にした対応を心がけております。 どのようにすれば最もらくになれるのかは人それぞれ、抱えている価値観・気質・状況によって異なります。 「千の花」での面談をご希望の方は以下をお読みください。 ブログ内には心の癒しやあなたの可能性を広げるヒント、役に立つ本の情報など豊富にございますので、ぜひ参考になさってくださいね。