好きなことを仕事に!まずはブログ書いたら?だがしかし!こんなブログは読む気が失せるリスト

好きなことを仕事にしたい人が思いつく方法。

その一つが「ネットででお金を稼げないだろうか」ということ。

好きなことの内容にもよりますが、ネットと相性が良ければ利用しない手はないですよね。家にいながらブログやYoutube、インスタで自分のことを表現できればそれが仕事につながることもあります。

会社などの組織に頼らず、好きなことを仕事にするためには、あなたがそれをやっているということをまずは誰かに知ってもらうことが必要。

昔であれば広告を打つという作業が、今やネットで何でもできてしまう時代です。すごい可能性だと思いませんか?

実際に私も、ブログを通してアフィリエイトの収入がありますし、クライアントさんとのご縁もこのブログが元となっています。

ではどんなブログだったら読まれて、実際にそこから仕事として広がっていくのでしょうか?もちろんブログだけでなく、YouTubeでの動画配信の際にも共通して言えることだと思います。

まずはどうして私たちはインターネットを使うのか、考えてみました。

ネット検索をする目的は?

1.情報収集

地図。料理のレシピ。言葉の意味を調べる。お店を調べる。その他情報収集。

2.購入目的

ネット通販をはじめ、本や音楽、画像をダウンロードするため。

3.交流

Facebook をはじめとするSNSを通して友人と交流。オンラインのセミナー受講なども。

普段会えない友人の日常を知ることができるのも嬉しいです。

4.自分の楽しみや癒しのため

YouTube、ブログ、インスタなどを見て楽しむ・共感する・学ぶ・交流する。

5.悩み解決

何か困ったことがあってそれに対しての答えが欲しい。

解決策や答えがない場合は誰かのナマの体験や本音を知ることで支えになることが多い。

 

私がブログ運営で意識していること

ずばり「5」ですね。

「1」の知的に満足することも意識しつつ、それよりも読んだ人が心が動くかどうかを重視しています。

読んだ後満足したり、行動を起こしたりと変化があるかどうかも。

結局人は自分に関係することを知りたい、読みたいということ。

私はブログを通して主に「5」の個人のナマの体験からの気づきを書き、「4」の共感大事に、たまに「1」の記事も書いているのです。

「3」の交流もコメント欄でできないこともないのですが、普段のメール相談や個人面談でものすごくエネルギーを使うので、記事によってはコメントを受け付けない設定にしたりと慎重にしております。

どうしてそのブログを読むのか

あなたは読み続けているブログはありますか?

あなたはどうしてそのブログを読むのでしょうか。

読んで何か得られるものがあるからですよね。

どんなブログだったら読まれるのかなあと考えてみたのですが、その前にまずはNGな例から。

こんなブログは読まれないぞ!というのを挙げてみました。

こんなブログは読まれないぞ!こんなブログは読む気が失せる!

1.個性がない

本に書いてあるような情報ばかり。どこかで拾ってきた知識をそのまままとめて終わりのブログ。

有名人、著名人の言葉をそのまま載せているだけで個性がない

個人のブログは個性というキャラクターが引き立つからこそのもの。

情報は情報で役に立つかもしれませんが、だったら上記の「1」で事足るのですね。わざわざ個人でやらなくても、企業などが運営しているポータルサイトを見ればいいわけで。

せっかくブログをやるのであれば、体験談や意見などどこかに個性がにじみ出る記事が欲しいです。

2.売り込み臭がすごい

商売目当て丸出しのブログ。うさん臭い文章ばかりで信頼感ゼロのブログ。

ショップ型で物を売っているのはいいんです。

個人が運営しているハンドメイドのアクセサリーブログとか、色鉛筆の絵をアップしているブログとか、私もよく見ますし楽しんでやっているブログはそれが伝わってきますし大好きです。

何が読む気を失せさせるかというと・・・

読者の役に立つことよりも、自分が儲けるためという雰囲気がありありと伝わってくる「クレクレ星人」ブログです。そして書いてある情報が自分の意見や体験ではなく、どこかの情報の焼き直しだったりするからなおさらです。

まあそういうブログは検索上位に出てくることも少ないので、しょっちゅう出くわすわけではありませんが・・・。

 

3.読みにくいブログ

・文字の大きさや色の使い方が読者目線でない。

・改行が少ない。

これは昔のホームページビルダーとかで作られたブログに多いかもしれません。ブログというよりホームページですね。

今よりももっと手間がかかりますので、よっぽど情熱がなければ作れない代物です。私も以前英語学習のホームページを作ったことがあるのでわかりますが、1ページが出来上がるまでの作業工程が半端ないです。

作る側も生半可じゃない情熱を注いでいるのが伝わってきますし、中身もとっても面白いものが多いです。

しかし画面全体にびっしりと文字がつまっていて改行もほとんどされてないなど、読みにくいものも多いのですね。

非常にもったいないです。

4.課金型ブログ通常の無料記事自体がとても面白い、もしくはその人のファンだったらたとえ有料でも読もうかという気になります。

しかしそこまで惹きつけるパワーがないにも関わらず、「この先は有料です」というボタンが現れたらまず読まないですね。

魅力的なブログを書いている人の本を実際に私は買うので、お金を払ってでも読みたいくらいのものかどうかです。

ブログを書くのも結構労力が必要なので、課金というシステムはあってもいいのかなと思います。

初めからアクセスするだけで自動課金になるなど、良質の記事であればそうなっていくシステムが構築されてもいいのではないかと思います。

 

以上、今回は読む気が失せるブログについてでした。

上記のようにならないよう私も意識してブログ執筆に励みます。

でもまあこれからブログを始めたいのであれば、とりあえず何でもいいので書いてみることですね。

そこからしか始まりません。

 

読まれるブログについて次はもっと深堀りしていきますね。

読んでくださりありがとうございました。

 

個人面談ではお一人おひとりを大切に、その人の価値観を大切にした対応を心がけております。 どのようにすれば最もらくになれるのかは人それぞれ、抱えている価値観・気質・状況によって異なります。 「千の花」での面談をご希望の方は以下をお読みください。 ブログ内には心の癒しやあなたの可能性を広げるヒント、役に立つ本の情報など豊富にございますので、ぜひ参考になさってくださいね。