悟りを生きるとはあの世の視点を思い出して生きること

2017年執筆記事が出てきましたので掲載します。

悟りとは、自分が「個」ではなく

 

「全体」だったということを思い出し、

 

それを実感しながら生きることです。

 

言葉で表す「実感」しながらというのは

 

おかしいかもしれませんね。

 

個という意識ではなく

 

全体になっているわけなので、

 

誰が「実感」するのかということになりますが・・・。

 

「個人」が無い状態になるので。

 

私も、「一瞥体験」はしたものの、

 

今現在「悟り」の状態ではありませんので、

 

思い出しながら書いています。

 

人間の世界、つまり物事を分別する「言葉」というものがあって、

 

個として生きるこの世界ですが、

 

自分という個があるからこそ、

 

いろいろな執着が生まれ、

 

生きづらさにつながるということでした。

 

悟りとはあの世、つまり本当の世界を思い出して

 

その本当の世界の流れ、自然の流れと自分のリズム、生き方を

 

合致させて流れのままに、

 

ありのままに、

 

今ここに心を開いて生きていくことです。

 

真実の世界では時間は存在しないということを書きました。

 

そしてこの世は幻想。

 

時間も空間もこの世では存在していますが、

 

あの世視点、真実の目から見ると

 

幻想なのです。

 

本当は「今」という瞬間しか存在しない。

 

私たち「個」として抱く執着という感情は

 

過去や未来のことをぐだぐだ考えて

 

それに縛られてしまっている状態です。

 

過去も未来も幻想なのですが・・・。

 

こうやって書いている自分も

 

過去や未来が幻想だという実感はありません。

 

生きていればこの世視点で物事をみるのが普通で、

 

この世で生きる限りは「この世視点」は必要なものです。

 

しかし、「あの世視点」を少し取り入れると

 

生き方がラクになっていきます。

 

過去も未来も幻想、という考えを実感することは

 

とても難しいですが、

 

そういう考えもあるのだな、と知っていると

 

あまりに苦しい感情や執着から少し距離を置くことができます。

 

「今」しか存在しないので、

 

「今」に心を開くことの大切さを知り

 

それによって生きることがラクに、

 

楽しくなっていきます。

 

「今」に心を開き、心を込めるということは

 

自分の情熱をもてることを行う、

 

好きなことをする時間を増やして

 

心を「いきいき」させるということです。

 

起きている間すべての時間をそのように過ごすのは難しいかもしれませんが、

 

一日のうちでちょっとの間、

 

自分のために心地いいなと思える時間を過ごす、

 

好きなことをちょっとでもいいから行うのです。

 

この世に生きていると

 

自分の気持ちよりも

 

こうしないといけない、ああしないといけない、

 

という考えや、

 

社会の常識、未来への不安などのために

 

「正しいと思う考え」を優先してしまい、

 

自分の心が喜ぶことをするのは後回しになりがちです。

 

本心では「いやだなあ」「やりたくないなあ」と感じるということは

 

あなたにとって不自然な状態です。

 

あなたがあなたの心に忠実に、

 

本音で生きるということが

 

あなたにとっての自然であり、

 

全体にとってもそれが自然な流れです。

 

アタマの声を優先していると

 

不自然な方向に向かい、どんどん辛くなっていきますが、

 

それも「完璧な流れの一部」であることに変わりはありません。

 

いやなこと、やりたくないことを急にやめる、

 

例えば不満に思っている今の仕事を急に辞めるという考えがわくかもしれませんが、

 

そのことで逆に「不安」が生まれ、

 

心の中でその不安の割合が大きくなってしまうかもしれません。

 

そうなると結局「未来のことが不安」という執着につながり、

 

やはり「今」を生きられないので、

 

急に辞めるのではなく、

 

まずは少しずつ好きなこと、情熱を持てることをする、

 

あるいは自分が心地よくいられる時間を少しでも持つようにする。

 

徐々にそのような時間を増やし、

 

心の中に「喜び」や「満足」の割合を増やしていけばいいでしょう。

 

あの世視点でこの世に生きるとは

 

「個」としてせっかく授かった

 

あなたの気質や好みを生かすということでもあります。

 

あなた自身が自分を生かす、

 

それが全体の自然な流れにも繋がって

 

個としての自分と同時に全体としての自分を感じながら

 

生きられるようになります。

 

読んでくださりありがとうございました。

個人面談ではお一人おひとりを大切に、その人の価値観を大切にした対応を心がけております。 どのようにすれば最もらくになれるのかは人それぞれ、抱えている価値観・気質・状況によって異なります。 「千の花」での面談をご希望の方は以下をお読みください。 ブログ内には心の癒しやあなたの可能性を広げるヒント、役に立つ本の情報など豊富にございますので、ぜひ参考になさってくださいね。