大石洋子先生の「7日間でなりたい私になれるワーク」の紹介

つい数週間前に大石洋子さんという方をネットで知りました。

大石洋子さんは一般社団法人 思考の学校を立ち上げられ、カウンセラーとして10年以上の実績があり、今は認定講師養成講座をメインに活動されているそうです。

YouTubeでいくつか動画を拝見しまして、とてもわかりやすい!と感動。

引き寄せの法則というのは、自分の中にあるものが現実世界に現れます。

潜在意識に溜まった思考が、一定量を超えた時に現実化するのですね。

例えば「結婚」を望んでいる場合

現実化まで遠い場合はテレビやネットで芸能人が結婚したというニュースを目にし、

次に知人が結婚した、友人が結婚した、という風に

だんだんと自分に近づいてくるという説明がありました。

ですので、自分の身近な人が望みを叶えているような場合、それはもうすぐあなたにも訪れるよ、というサインとして解釈したらいいとのこと。

 

でもここが難しいところで、多くの場合嫉妬してしまうのですね。

嫉妬というのは、「あの人には手に入って私には手に入らない」という思考になります。

せっかく現実化が近づいてきても、このようにネガティブな思考で感情が大きく揺れると、ネガティブな思考の方が一気に潜在意識に溜まるので、望まない現実化が起きてしまうというわけです。

でもネガティブな感情って感じていないフリをしても、結局は同じことで、根っこにある本音をすくい上げてあげないと、また同じことの繰り返しなのですね。

私もまだネガティブな感情があり、それが願望実現を邪魔していることがわかるので、

早速「7日間でなりたい私になれるワーク」を購入。

一通り読んでみて、今実際にワークに取り組んでいるところです。

私は本当に自分の心を掘り下げて色々と内省したり、一人カウンセリングをするのが大好きなのですね。

ちょっと脱線しますが、

こちらの記事

自分を満たすってどうすればいいの?この順でいけばプロセスは起きてくる

で紹介しているスピリチュアルブロガーたっつんさんの提唱する「シャンパンタワー」。

1段目の欲求から満たしていくと、自然と体が動いて次の欲求も満たされていくというシャンパンタワーですが

以下は私の欲求の優先順位。

日によって優先順位が入れ替わることももちろんありますが、10段目まで一応紹介しますと

1段目:寝たい、身体を休めたい

2段目:外見をきれいに整えたい(化粧、ファッション、体操)

3段目:エネルギーを整えたい(瞑想、内省(良いこと日記・未来へのビジョンの確認・ブロックの解放))

4段目:興味のある分野の本やブログを読みたい

5段目:家族と心地いい時間を過ごしたい

6段目:身の回りをきれいにしたい(掃除・片付け)

7段目:ブログを書きたい

8段目:お金の安心をしたい

9段目:カウンセリングセッションをしたい

10段目:終末期などのスピリチュアルケアやヒーリングのボランティア活動をしたい

 

これですよ、これ。

これらの欲求。

3段目:エネルギーを整えたい(瞑想、内省(良いこと日記・未来へのビジョンの確認・ブロックの解放))

4段目:興味のある分野の本やブログを読みたい

関連記事:たっつんさんの願いを叶える「シャンパンタワー」やってみました。3段目、4段目

 

自分の心を見つめる内省(良いこと日記・未来へのビジョンの確認・ブロックの解放)

を大石洋子先生の本を参考にしながらやっている最中というわけです。

そして今 7段目:ブログを書きたい

をやっているところです。

注意点としては、上位の欲求が満たされていないのに、いきなり下位の8段目、9段目、10段目に飛びついても続かないよ、ということ。

カウンセリングやスピリチュアルケアをやりたくてやりたくてしょうがない私ですが、

睡眠不足ではやれないし、

家の中がぐちゃぐちゃなのにそれを頭の隅で気にかけながら、ライフワークの活動をするのもハードですよ、ということ。

下位の欲求に焦って飛びつくのではなく、まずは1段目を満たすと、次の欲求のための行動が勝手に起こってくる、身体が勝手に動く。

その時に求めている欲求が本来の欲求とのことなので、順番は入れ替わることも多々あるけれど

(私の場合1と2の次に7のブログ書きたいが来ることも)

自分のつけた順位はまあ大体の方向性ととらえるにとどめて、大切なのはその時の身体の感覚に従うことなのです。

だから今日はブログを書きたいというのが欲求の上位に来たので掃除はそこそこにしてブログ優先。

ブログ書くのに満足できたら掃除するエネルギーもちゃんと残る!

 

さてさて、大石さんの本「7日間でなりたい私になれるワーク―――あなたを困らせているものは全部あなたの思考が創り出している」に戻りますね。

私の主観ですが、

「心が現実を創っている」とちゃんとわかっている人向けの本です。

潜在意識と現実の関係や、引き寄せの法則などについてある程度知識のある人の方が、スムーズに取り組めるのではないかと思います。

また、心の傷やインナーチャイルドの癒しがある程度進んだ人が、

「癒し」「問題解決」から「自己実現」に移行するプロセスにいる人向けではないかと思います。

だからといって全くの初心者の人や、心の傷がまだまだ深く、生きづらさを抱えている人が取り組めないという意味ではありません。

真摯に学ぼうという意欲がある人であれば、このワークをしっかりとやりこむことによって人生が好転していくでしょう。

タイトルには7日間とあり、紹介されているワークには目安の時間も書かれていますが、人によってもっと時間をかけた方が良いかもしれません。

私も1日目のところを一日数分。数日間かけてやっています。

全部やり切るには3,4週間かかりそうですが、深いレベルでの変容によって実際に外の現実が変わることを実感済みですので、じっくり丁寧にやっているところです。

 

大石洋子先生もおっしゃっていますが、「やっつけワーク」にならないことが大切。

ワークに取り組むにあたり、カタチだけやっただけで、内面の気づきが伴わないと変化はありません。

私の場合、内面に向き合い、癒しが進むことで、仕事やライフワーク関連など外の人間関係で困ることが無くなりました。

人間関係を改善したいという希望を抱くことも無く、期待もしたことがないのですが、

内面に向き合ってきた結果として人間関係には恵まれています。

そして私にはやりたいことがあり、その能力もある。能力的に足らないと思っていない。

必要であれば学びや研鑽の環境にも恵まれるだろうし、

このようなブログでの自己表現も「私なんかが発信していいのか」などと思うことなく自由に発信できています。

人によって「他人にどう思われるか気になって発信したくてもできない」という悩みを抱えている人もいますが、

発信はやってしまうのですね。

他人にどう思われるか、ということは少し気になることもあるのですが、

「気になる」というのは自分のエゴだとわかっているので、

発信をやめるということはせず、

エゴは放っておいて発信しています。

ブログ書きたい、がたましいの欲求。愛の欲求。

どう思われるか気になる、がエゴの恐れ。

 

エゴの恐れが出たときはですね

Love is the Answer!

愛の方を選ぶのです~。

 

一方お金のことなどは

期待が入る分それだけ現実化が遅いと感じます。

期待の仕方によっては「今それが無い」「今それが叶ってない」という足りていないという思考につながります。

それが潜在意識にいっぱいになっちゃって「足りていない」という現実化が起きるのですね。

まだ叶っていない願い事の奥には、癒されていないネガティブ思考があり、それが現実化を妨げているので、

7日間でなりたい私になれるワーク―――あなたを困らせているものは全部あなたの思考が創り出している」を使って解放していこうと思います。

今日もお読みくださりありがとうございました。