CATEGORY ケア提供者として

ケア提供者として

普通の人生にはない時間~河合隼雄先生の著書「河合隼雄のカウンセリング講座」より

グリーフケア 、スピリチュアルケア、個人面談。 一人の人とその時間真剣に向き合う。 寄り添ってもらった側の体験としては、その体験が生きる力になっていくと実感しています。ケアする側も本気だけどされる側も本気でさらけだすから…

スピリチュアルケア

スピリチュアルケアといのちの教育。この本は手に取ったら最後!絶対に使ってみたくなるから。

学校の授業やスピリチュアルケアの研修で!生と死の教育「いのち」の体験授業 グリーフケア研究所、そして遺族会でお世話になっている山下文夫先生の本「生と死の教育」を紹介します。 私も自分がワークショップを開催する際にはこの本…

ケア提供者として

スピリチュアルケアの研究会に参加。アルコール依存症者の自助会について学びました

臨床スピリチュアルケア協会のスピリチュアルケア専門職養成コースに所属しております。 先日の研究会は「自助会からスピリチュアルケアが学べること」というトピックで葛西健太先生の講義でした。 自助会というのは「セルフヘルプグル…

ケア提供者として

スピリチュアルケア。あなたのエネルギーが強い場合、患者さんは疲れることもある

テンションの高い低いとは違う「気力」「エネルギー」 ここ最近は「気力」「エネルギー」に関するといった記事を書いています。 自分をしっかり保ち、生き生きと生きていくには「気力」「エネルギー」を保つことはとても大事です。 よ…

スピリチュアルケア

スピリチュアルケアのグループワークが深まるとシンクロニシティが頻繁に起こる理由

シンクロニシティとは? シンクロニシティとは共時性とも呼ばれています。 たとえば一緒にいる友人と同じタイミングで同じ単語を発したり、ふと思い浮かんだことの答えが思いもよらないところからもたらされたり。 自分と周りの世界は…

①抱えている傷やとらわれを解放。心の傷を癒す

どんな聴き手、相談員を選べばいい?「ケア提供者が人を救う」のではない。

 「ケア提供者が人を救う」のではない このブログには「ケア提供者」という言葉を使って「カウンセラー」「聴き手」「相談員」「スピリチュアルケア師」「臨床宗教師」「セラピスト」などのことを指しておりますが、「ケア提供者」はケ…