誰かのことを悪く思ってしまうのは、相手の深層心理を映し出しているから

非二元的な見方の話です。

人のことを悪く思ってしまう自分がイヤだ。

あの人のああいう所が嫌い。

こんな気持ちを抱いてしまう自分はなんて器が小さいんだろう、と感じることはありませんか。

浮かんでくる気持ちは、コントロールすることはできません。

心に勝手に浮かんできます。

起こった出来事に対して感じる気持ちは、自分の中にある「ビリーフ」の影響が大きいです。

しかし一方で、別の見方をすることもできます。

それは、私たちはみな、繋がっていて、ワンネスだということ。

外に存在する他人というのは、実は自分の中にいる。

他人の言動に対してあれこれ感じるのは自分ですね。

自分の中で起きているということになります。

で、他人も同じです。

他人の中で起きていることが、あなたの心の反応という見方もできます。

「イヤだな~」と感じたあの人の言動。

それは、あの人の中でも、自覚は無いかもしれないけれど、「私は自分のこんなところがイヤだ」と感じている。

だから、他人のあなたがその人の深層を映し出しているということ。

自分を愛することが、結局は他人からも愛されるといいます。

自分を愛するほど、他人から大切にされます。

自分を認めれば認めるほど、人からも認められます。

結局は自己受容の度合いが外の現実に反映しているということ。

「ここは愛せるけれども、ここはイヤ。」

ほとんどの人はこんな感じで、自分を認められる部分もあれば、否定している部分もあります。

あなたが誰かのことを「こんなところがイヤだな」と感じた場合、それはその人自身の自己受容の度合いを映し出したという見方をすれば、納得がいきます。

その人の自己受容の度合いは、あなたにはコントロールできません。

だから、「あの人のこんなところがイヤだな」と感じて、自分はなんて器が小さいんだろう、と感じたとしても、それはどうしようもないことなのです。

あなたの心の反応は、相手の心の中を映し出しているということだから。

そして、あなた自身も「自分はなんて器が小さいんだろう」と感じる自分を「それでもいいや」と受け入れていけば、他人に対してもあまり悪く思わないようになっていきます。

それは同時に、相手の中でも自己受容が起きているということを意味します。

自分を受け入れることが、結局は同時に他人の中でも癒しが起きているということですね。

不思議な世界です。

今日もお読みくださりありがとうございました。

 

 

 

 

個人面談ではお一人おひとりを大切に、その人の価値観を大切にした対応を心がけております。 どのようにすれば最もらくになれるのかは人それぞれ、抱えている価値観・気質・状況によって異なります。 「千の花」での面談をご希望の方は以下をお読みください。 ブログ内には心の癒しやあなたの可能性を広げるヒント、役に立つ本の情報など豊富にございますので、ぜひ参考になさってくださいね。